野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【田澤純一コラム第11回】“浪人”中は公園で練習も…「しぶといヤツだなと自分で思う」田澤純一が振り返る今季

レッズ傘下3Aルイビルの田澤純一投手が、2019年シーズンを終えた。昨オフにカブスとマイナー契約を結んだ右腕は、傘下3Aアイオワで19試合(18回)に投げて1勝0敗1セーブ、防御率4.00の成績だったが、7月11日に契約解除。その後、1か月の“浪人”生活を経て、8月11日にレッズとマイナー契約を結んだ。

レッズ・田澤純一【写真:佐藤直子】
レッズ・田澤純一【写真:佐藤直子】

カブス契約解除から1か月、レッズと2年のマイナー契約

 レッズ傘下3Aルイビルの田澤純一投手が、2019年シーズンを終えた。昨オフにカブスとマイナー契約を結んだ右腕は、傘下3Aアイオワで19試合(18回)に投げて1勝0敗1セーブ、防御率4.00の成績だったが、7月11日に契約解除。その後、1か月の“浪人”生活を経て、8月11日にレッズとマイナー契約を結んだ。新チームに加入後はアリゾナの球団施設でトレーニングを続けていたが、シーズン終了間際の8月31日に3Aルイビルに急遽昇格。2試合(3回)に投げて1安打1四球無失点で今季を終えた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 2009年に渡米してから、右肘靱帯再建手術を受けた2010年を除く全シーズンでメジャー登板を経験していたが、今年はメジャーに昇格することなくシーズンを終えた。「もちろん悔しい気持ちはあるけれど、自分の置かれた立場を考えると、最後にレッズと契約してもらえただけでも感謝です」という田澤が、2019年を振り返りながら来季に向ける思いを語ってくれた。

 ◇ ◇ ◇

 Full-Countをご覧の皆さん、田澤純一です。メジャーはペナントレース最終盤を迎えて盛り上がっていますが、マイナーは現地9月2日にレギュラーシーズンを終えました。僕が所属するレッズ傘下3Aのルイビル・バッツはプレーオフに出られなかったので、少し早めにシーズンオフを迎えました。

 アメリカに来てから11年目。今年もまた、今までにない経験を積みました。トミー・ジョン手術を受けた2010年以外は、昨年まで毎年メジャーで登板していましたが、今年はなし。もちろん悔しい気持ちはあるけれど、自分の置かれた立場を考えると、最後にレッズと契約してもらえただけでも感謝です。

 オープン戦で結果を出しても評価されなかったり、球団の事情で長めにキャンプ地に滞在したり、自分が何を求められているのか、正直分からなくなったこともあります。契約解除された後は、何をやれば残れたのか、かなり考え込みました。それでも、やっぱり自分ができるのは、いい球を投げていい結果が出るよう一生懸命に準備すること。周りの評価を含め、それ以外の部分は僕にはコントロールできません。

 契約解除された後は、長く支えてくれるスタッフに手伝ってもらい、ロサンゼルス近郊で練習を続けていました。とはいえ、無所属なので、地元の人に交じりながら普通の公園でキャッチボールです(笑)。トレーニングは滞在したホテルのウエートルームを使っていました。1週間が過ぎ、2週間が過ぎ、3週間が過ぎ、さすがにこれ以上長期になったら、一度日本に戻った方がしっかり練習できるかもしれない……。代理人から連絡を受けたのは、そんなことを考え始めた時でした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」