野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2年連続独立L日本一の群馬、敗戦でいきなり崖っぷち「気迫で栃木が上だった」

2年連続独立リーグ日本一を目指す群馬がいきなり崖っぷちに立たされた。BCリーグ群馬は14日、前橋市民球場で地区チャンピオンシップ初戦に2-4で栃木に敗れた。

BC群馬・平野謙監督【写真:細野能功】
BC群馬・平野謙監督【写真:細野能功】

地区チャンピオンシップ初戦で敗れる、平野監督「ひとつのボールに対する集中力が弱かった」

 2年連続独立リーグ日本一を目指す群馬がいきなり崖っぷちに立たされた。BCリーグ群馬は14日、前橋市民球場で地区チャンピオンシップ初戦に2-4で栃木に敗れた。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 群馬の先発・青柳は5回まで栃木打線を1安打に抑えていたが、6回に栃木の1番・内山翔に左翼場外へ先制アーチを浴び、ルーカスの2ランで傷口を広げた。長打力ではシーズン73本塁打とリーグトップで、栃木を圧倒していたが、プレーオフではそのお株を完全に奪われた。

 9回には9番・野崎にもソロアーチを許し、失点は全て本塁打。0-4の9回は抑えのジョンから3連打で2点を返し、なお2死二、三塁でポロと一発出ればサヨナラのチャンスだったが、中飛に倒れた。

 2016年の前期から今年の前期まで7期連続優勝の群馬。平野監督は「うちは幸いにもずっと勝たせてもらった。横綱相撲じゃないが、気迫で栃木が上だった。ひとつのボールに対する集中力が弱かった。明日(15日)は何があっても勝ちたい。悔いの残らないように」とナインに仕切り直しを訴えた。

 地区チャンピオンシップ初戦は前期優勝の群馬と後期優勝の栃木が地区優勝をかけて3試合を戦い、勝ち越したチームが西地区Vの信濃と対戦する。

(細野能功 / Yoshinori Hosono)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」