野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

埼玉と愛知は両者一歩も譲らず、完封ドロー 水流は3安打好投も9勝目ならず

女子プロ野球は22日に、埼玉・朝霞中央野球場で秋季リーグを行い、埼玉アストライア対愛知ディオーネは0-0の引き分けに終わった。埼玉先発は愛知相手にまだ負けのない水流麻夏。3連勝中の愛知は里綾実がマウンドに上がった。

埼玉アストライア・水流麻夏【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・水流麻夏【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

愛知は最終回の7回に2死満塁のチャンスも、浅野がライトフライに終わる

 女子プロ野球は22日に、埼玉・朝霞中央野球場で秋季リーグを行い、埼玉アストライア対愛知ディオーネは0-0の引き分けに終わった。埼玉先発は愛知相手にまだ負けのない水流麻夏。3連勝中の愛知は里綾実がマウンドに上がった。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2回、埼玉の攻撃。4番泉由希菜が右中間を破るツーベースヒットを放ち無死二塁と先制のチャンス。しかし、バントや盗塁が決まらず、この回無得点に終わる。

 5回、再びチャンスをつくる埼玉。8番山崎、9番田口真に連続ヒットが飛び出し、2死一、二塁となったところで1番中田。しかし、愛知の好守備に阻まれ、あと1本が出ない。

 最終回の7回、今度は愛知がチャンスをつくる。4番金城がショートへの内野安打で出塁し、5番寺部が手堅く送ると、6番三浦も内野安打でつなぎチャンス拡大。さらに8番奥村が死球で2死満塁とする。本日最大のピンチを迎えた水流だったが、9番浅野をライトフライに仕留め、この回を切り抜けた。

 その裏、里は1死から代打の太田を死球で歩かせてしまうが、7番田口紗をダブルプレーに打ち取り、試合終了。秋季リーグ2度目となる0-0の引き分けに終わった。

 水流は愛知打線に対し、3安打に抑える好投。9勝はならなかったものの堂々としたピッチングを見せた。

日本女子プロ野球リーグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」