野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

埼玉が京都に完封負け 地元出身古谷が完投も「皆さんの前で勝ちたかった」

女子プロ野球は22日に、埼玉・朝霞中央野球場で秋季リーグを行い、京都フローラが2-0で埼玉アストライアに勝利した。埼玉の先発は地元朝霞市出身の古谷恵菜。引き分けを挟んで4連敗中の京都は植村美奈子がマウンドに上がった。

埼玉アストライアが2-0で京都フローラに勝利【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライアが2-0で京都フローラに勝利【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

京都は連敗ストップ、植村はハーラートップタイ9勝目

 女子プロ野球は22日に、埼玉・朝霞中央野球場で秋季リーグを行い、京都フローラが2-0で埼玉アストライアに勝利した。埼玉の先発は地元朝霞市出身の古谷恵菜。引き分けを挟んで4連敗中の京都は植村美奈子がマウンドに上がった。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2回、京都の攻撃。この回先頭打者の5番中村が左中間を破るツーベースヒットを放つと、続く6番三原にもヒットが飛び出す。無死一、三塁となったところで、7番白石のショートゴロ併殺の間に三塁走者が生還。まずは、京都が先制点をあげる。その後両チーム投手戦となり、スコアボードに0が並んだ。

 6回、埼玉の攻撃。途中出場の5番御山に死球を与え、1死一、二塁となった場面で、川口監督はマウンドに小西を投入する。その小西は6番今井をショートゴロ併殺で見事無失点に抑えた。

 その裏、1番三浦がレフト線へツーベースヒットを放つと、2番厚ヶ瀬が放ったライトフライの間に二塁走者の三浦が三塁へのタッチアップ成功。さらに送球が逸れ、その間にホームへ生還。2-0と大きな追加点を挙げた。

 最終回の7回、京都の守護神、森がマウンドに。見事三者凡退で試合終了。京都が連敗を止めた。先発の植村は、9勝目をあげ、ハーラートップタイとなった。

 地元凱旋試合となった古谷は7回を完投し、88球5安打4奪三振と、地元で力投する姿を見せることができたものの、勝利で飾ることができなかった。

 試合後古谷は、「凱旋登板はどんな試合より緊張したし、どんなマウンドよりも楽しかったです。皆さんの前で勝ちたかった。凱旋試合を勝利で飾ることができなくて悔しいですが、また必ず朝霞に戻ってきます! その時は、今日よりもっと強く成長した姿をお見せできるように頑張ります!」とコメントした。

日本女子プロ野球リーグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」