野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

即戦力、将来有望… ルートインBCリーグ代表が推すNPBドラフト候補たち

今年も10月17日にドラフト会議が行われる。昨年はルートインBCリーグから6選手(うち4選手が育成ドラフト)がNPB入りを果たした。今年も150キロ右腕や高卒1年目選手など、注目の選手が各地にいる。同リーグの村山哲二代表にNPB入りに近い7選手を紹介してもらった。

選手を試合前に激励するルートインBCリーグ代表の村山哲二氏【写真:荒川祐史】
選手を試合前に激励するルートインBCリーグ代表の村山哲二氏【写真:荒川祐史】

昨年は6選手がドラフト会議で指名、阪神片山は育成から支配下登録に

 今年も10月17日にドラフト会議が行われる。昨年はルートインBCリーグから6選手(うち4選手が育成ドラフト)がNPB入りを果たした。今年も150キロ右腕や高卒1年目選手など、注目の選手が各地にいる。同リーグの村山哲二代表にNPB入りに近い7選手を紹介してもらった。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

○埼玉武蔵ヒートベアーズ 松岡洸希投手(19歳)

 埼玉・桶川西高校出身のBCリーグ1年目の投手。高校までの本職が内野手だった松岡について「1番、期待値が高いです」と断言する。武蔵の角監督と片山コーチが上手投げだった松岡の適正を見抜き、サイドスローにすると急成長した。直球の最速は147キロまで上がり、元ヤクルトで韓国代表だった林昌勇(イム・チャンヨン)投手を彷彿とさせる。

「1番、多くの調査書が届くのではないかなと思っています。まだ、卒業したばかりのあどけない表情の子。去年の今頃はNPBから注目されるなんて思ってもいないでしょうから、体つきはいいし、肩は強いし、体強い。まだまだ出来上がっていない。完成されていないというところの楽しみも含め、多くの球団が注目していると思います」と期待を寄せている。

○新潟アルビレックス・ベースボールクラブ 長谷川凌汰投手(24歳)

 龍谷大から入った2年目の右投手。昨年のちょうど今頃、オリックスとの交流戦で153キロを記録した。NPB3球団から調査書が届き、「かかったなと思いましたけど、指名漏れでした」と村山氏自身も悔しかった。しかし、長谷川は「(来年は)ドラフト1位でかかると宣言し、課題だったコントロールを改善。変化球の制球に難があったんですけど、フォークボールもスライダーもコーナーに決まるようになった」と今年こそはと思いを強くしている。

○石川ミリオンスターズ 喜多亮太捕手(24歳)

 敦賀気比、セガサミーといった名門を経て、BCリーグに来た。「独立リーグで1年勝負という思いで入団した即戦力期待の捕手です。とにかくフットワーク、キャッチング、肩、どれも素晴らしい。投手を乗せるマネジメント能力も高いです」。昨年は片山雄哉(福井ミラクルエレファンツ)が阪神から育成1巡目で指名され、7月に支配下となった。例え育成でも、片山のような支配下選手の戦力に近い位置にいると見ている。

○群馬ダイヤモンドペガサス 青木颯内野手(24歳)

 強打を誇る群馬の中で、守備のショートも堅実で、いいところでタイムリーも打てる。そして、足も速く、盗塁でもアピールができる万能型選手。「総合力でも即戦力。NPBに近い存在の1人だと思います」と高く評価している。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」