野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ハム近藤は追い込まれてからも強い パ各選手のストライク数による成績の違い

「この選手は初球に強い」「この選手は追い込まれてから粘り強い」という表現を耳にしたことのある人は多いだろう。しかし、実際にカウント別の成績を確認した上で、選手個々の特性にアプローチが行われることは、これまで決して多いとはいえなかった。そこで今回は、パ・リーグ内における打者の成績をストライクカウント別に確認し、ノーストライク、1ストライク、2ストライクといったカウント毎に、それぞれの状況に強い打者を調べていきたい。

(左から)西武・森友哉、オリックス・吉田正尚、日本ハム・近藤健介【写真:荒川祐史、石川加奈子】
(左から)西武・森友哉、オリックス・吉田正尚、日本ハム・近藤健介【写真:荒川祐史、石川加奈子】

ファーストストライクの打率は全体的に高い、各選手の成績をチェック

「この選手は初球に強い」「この選手は追い込まれてから粘り強い」という表現を耳にしたことのある人は多いだろう。しかし、実際にカウント別の成績を確認した上で、選手個々の特性にアプローチが行われることは、これまで決して多いとはいえなかった。そこで今回は、パ・リーグ内における打者の成績をストライクカウント別に確認し、ノーストライク、1ストライク、2ストライクといったカウント毎に、それぞれの状況に強い打者を調べていきたい。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 まずは、ノーストライクでの打撃成績を見ていこう。ファーストストライクから積極的に手を出していく姿勢はプロの舞台においても変わることなく重要視される。とはいえ、ボール球を見極めてカウントを有利とすることで、ストライクゾーンに甘い球が来る可能性も高くなる。このカウントでの打撃成績は、ボール球に手を出すことなくきっちりと最初のストライクを捉える、まさに「好球必打」の成果を示したものと言える。
 打者にとってノーストライクで不利な状況となることはないため、多くの選手が優れた打撃成績を記録。中でも高いレベルの成績と言える打率.400以上の数値を残した選手たちを、極端に打数の少ない選手を除く形で、各球団ごとに紹介する。

○日本ハム
王柏融外野手:50打数24安打 2本塁打11打点 打率.480
近藤健介外野手:56打数24安打 0本塁打18打点 打率.429
平沼翔太内野手:31打数15安打 1本塁打7打点 打率.484
田中賢介内野手:21打数10安打 1本塁打8打点 打率.476
清水優心捕手:31打数13安打 1本塁打7打点 打率.419

○楽天
ブラッシュ外野手:92打数38安打 11本塁打37打点 打率.413
下水流昂外野手:19打数8安打 2本塁打4打点 打率.421

○西武
森友哉捕手:122打数60安打 14本塁打41打点 打率.492
秋山翔吾外野手:123打数52安打 7本塁打20打点 打率.423
メヒア内野手:20打数8安打 2本塁打10打点 打率.400

○ロッテ
マーティン外野手:41打数17安打 5本塁打13打点 打率.415

○オリックス
吉田正尚外野手:106打数47安打 15本塁打36打点 打率.443
ロメロ外野手:76打数31安打 7本塁打24打点 打率.408
大城滉二内野手:73打数30安打 2本塁打15打点 打率.411

○ソフトバンク
柳田悠岐外野手:39打数16安打 4本塁打11打点 打率.410
福田秀平外野手:30打数13安打 3本塁打8打点 打率.433

 日本ハムは6球団最多となる5人を輩出。わずかに打率.400に届かなかった渡辺諒内野手、石井一成内野手も、共に打率.393だった。今季レギュラーに定着した渡辺はこのカウントで5本塁打、27打点と長打力も発揮しており、「好球必打」の姿勢が感じられる。長打では、吉田正が15本塁打36打点、森が14本塁打41打点、ブラッシュが11本塁打37打点と、高打率に加え打点も稼ぐ。福田が3本塁打、下水流とメヒアが2本塁打と、30打数以下の打者も長打力を発揮しており、思い切りのよいスイングがしやすく、本塁打も狙いやすいカウントだということがうかがえる。

 森は打率も.492と抜群。また王、ブラッシュ、メヒア、マーティン、ロメロと、多くの助っ人選手が好成績を残しているのも特徴的だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」