野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

埼玉アストライアが秋季リーグ優勝! 加藤優が3安打3打点の大活躍で京都を破る

女子プロ野球は13日、埼玉・川口市営球場で秋季リーグを行い、埼玉アストライアが5-4で京都フローラに勝利した。この結果、埼玉の秋季リーグ優勝が決まった。

埼玉アストライア・加藤優【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
埼玉アストライア・加藤優【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

4回に同点打を許すも、その裏に加藤のセンター前タイムリーで勝ち越し

 女子プロ野球は13日、埼玉・川口市営球場で秋季リーグを行い、埼玉アストライアが5-4で京都フローラに勝利した。この結果、埼玉の秋季リーグ優勝が決まった。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 埼玉の先発は磯崎由加里、対する京都は龍田美咲。初回、磯崎は3番村松、4番岩谷を2者連続三振に打ち取る。2回、埼玉の攻撃。5番只埜、6番みなみ、7番御山の連続ヒットで無死満塁とすると、8番山崎が押し出し死球。続く9番田口真のレフト前タイムリーで2点を先制。なおも満塁のチャンスが続き、2死満塁の場面で3番加藤。右翼線2点タイムリーツーベースを放ち4-0とリードを広げた。

 3回、奮起する京都は、1死一塁の場面で1番三浦が右翼線ツーベースを放ちチャンス拡大。2死二、三塁となったところで3番村松が右中間を破る2点タイムリースリーベースを放ち2点差に迫る。ここで優勝のかかっている埼玉は磯崎を諦め、古谷にスイッチ。後続を抑え追加点を与えない。

 しかし4回、2死三塁の場面で8番戎嶋が右中間タイムリースリーベースで1点差。さらに9番白石が同点となるセンター前タイムリーを放ち試合を振り出しに。このままの勢いで逆転といきたいところだったが、ここで惜しくも後続が絶たれた。

 その裏、埼玉の2番田口紗がセカンドゴロ捕球エラーで一塁へ進むと、すかさず盗塁を決め勝ち越しのチャンスをつくる。ここでこの日当たっていた加藤がセンター前タイムリーを放ち勝ち越しに成功した。

 最終回の5回。最後の力を振り絞り、反撃に出たい京都。しかし、3番村松、4番岩谷が2者連続三振に打ち取られ、最後は中村がセカンドゴロに仕留められ試合終了。最後は古谷の渾身のピッチングが勝り、埼玉が秋季リーグ優勝を掴み取った。

 加藤は3安打3打点の大活躍でチームを優勝へ導いた。残る2試合、埼玉のファンを笑顔にする試合を見せて欲しい。

日本女子プロ野球リーグ

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」