野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

仙台大・鷹育成2位左腕の大関が3者三振締め! 日本S観戦で「あの舞台に立てるように」

明治神宮大会(11月15日~20日・明治神宮野球場)の出場をかけた「第11回東北地区大学野球代表決定戦」の1回戦が26日、仙台市民球場で行われ、仙台大(開催地リーグ第2位)が東北公益文科大(南東北大学リーグ代表)を10-0の7回コールドで下した。ソフトバンク育成2位に指名された左腕・大関友久(4年)が最終7回に登板。3者連続三振で締めた。

ソフトバンク育成2位で指名を受けた仙台大・大関友久【写真:高橋昌江】
ソフトバンク育成2位で指名を受けた仙台大・大関友久【写真:高橋昌江】

仙台大が7回コールド、10-0で東北公益文科大を下す

 明治神宮大会(11月15日~20日・明治神宮野球場)の出場をかけた「第11回東北地区大学野球代表決定戦」の1回戦が26日、仙台市民球場で行われ、仙台大(開催地リーグ第2位)が東北公益文科大(南東北大学リーグ代表)を10-0の7回コールドで下した。ソフトバンク育成2位に指名された左腕・大関友久(4年)が最終7回に登板。3者連続三振で締めた。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 17日のドラフト会議でソフトバンクから育成2位指名を受けた仙台大の左腕・大関が7回のマウンドに向かった。育成とはいえ、これからプロの世界に進む投手の登場に場内の視線は集中した。先頭の石森大誠(4年)をストライク2球で追い込むと、ストレートで空振り三振を奪って1アウト。代打・関優太(2年)にはカウント1-1からファウルで粘られたが、最後はチェンジアップを空振りさせた。右打ちの8番・伊東凛太郎(2年)にカウント2-1から外角へストレートを投げ込み、見逃し三振。3者連続三振で貫禄を見せつけた。

「スムーズに、いい形で投げられたと思います」と安堵の表情を見せた大関。7日に閉幕した秋季リーグ戦後に変えた投球フォームがしっくりきた。ピッチングの量を減らし、キャッチボールに時間を費やしたことで「自分に合ったバランスを見つけられた」という。

 リーグ戦の反省も活かした。東北福祉大との1回戦(5日)は8回途中から登板。9-9の同点で無死一、二塁から始まるタイブレークの延長10回もマウンドに立った。1死満塁で4番・清水聖也(4年)を迎えたが、初球の内角直球をレフトスタンドに運ばれた。決勝のグランドスラムを浴び、9-13で敗戦。「バッターを冷静に見て投げていなかった」と悔やんだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」