野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

フォークは「挟まない」―元燕の楽天・館山コーチが中日吉見に明かした“金言”

10月20日。CBCテレビ「サンデードラゴンズ」の企画で中日ドラゴンズの吉見一起と今シーズン限りで現役を引退した元東京ヤクルトスワローズの館山昌平(東北楽天ゴールデンイーグルス2軍投手コーチ)の対談が実現した。編集したVTRを11月3日に放送したが、カットになった部分にもプロの極意、矜持、金言があった。ここにそれらを紹介する。

中日・吉見一起(左)と今シーズン限りで現役を引退した館山昌平氏【写真:若狭敬一】
中日・吉見一起(左)と今シーズン限りで現役を引退した館山昌平氏【写真:若狭敬一】

ともにトミー・ジョン手術を受けた2人、館山が吉見に連絡「力になれたらと」

 10月20日。CBCテレビ「サンデードラゴンズ」の企画で中日ドラゴンズの吉見一起と今シーズン限りで現役を引退した元東京ヤクルトスワローズの館山昌平(東北楽天ゴールデンイーグルス2軍投手コーチ)の対談が実現した。編集したVTRを11月3日に放送したが、カットになった部分にもプロの極意、矜持、金言があった。ここにそれらを紹介する。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 まずは互いをどう見ていたのか。

館山「吉見君は強い中日の倒さなくてはいけないエース。一番高い山。彼を倒せばスイープもできるんじゃないかという存在でした」

吉見「僕も同じです。ヤクルトと言えば、館山さんと石川(雅規)さん。2人に勝たないとダメだった。特に館山さんを意識したのは2009年からです。オールスター明けの一発目で投げ合って負けて以来、この人に黒星をつけたいなと」

館山「当時、僕たちが思っていたことを思われているとは思っていました。辞めた今、答え合わせができて嬉しいです」

 年齢も球歴も違う2人に接点はなかったが、手術という共通点が距離を縮めた。

館山「僕が気になって連絡したのかもしれません。吉見君の右肘の状態は新聞でしか知らなかったので、実際はどうなんだろうと。ライバルですが、怪我はしてほしくないし、マウンドで正々堂々と戦いたかったので、力になれたらと思って連絡したはずです。どうだった?」

吉見「覚えてないですね。ただ、トミー・ジョン手術をした選手は少なかったので、僕も館山さんにすぐ連絡を取りたいとは思っていました」

 館山の引退に吉見は驚いた。

吉見「マジかと。外から見ていると、ボールはまだ全然行けると感じていました」

館山「2017、18と苦しんで、実は細かな感覚が鈍くなったんです。ただ、今年はそれを取り戻すことができて、2軍で100イニングを投げました。でも、1軍の戦力になれなかった。そこで自分の来年以降の上積みを考えると、後輩に託した方がヤクルトにとって良いと決断し、引退しました」

 時には相手を羨むこともあった。

館山「吉見君の左バッターに投げる外からのスライダーが欲しかった。ギリギリまで曲がらず、最後にタイトに入ってくるスライダー」

吉見「僕は館山さんの右バッターの外のフォーク。あそこだけイメージが沸かず、投げられないんです。他球団のキャッチャーはフォークの時にだいたい真ん中に構えますが、谷繁(元信)さんは両サイドを要求するんです。だから、『フォークは真ん中だけでお願いします』と伝えていました」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」