野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

清原氏一問一答 プロ指導者は「社会が決めてくださること」「しっかり生きたい」

西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を記録した清原和博氏が17日、沖縄・浦添市の「ANA BALL PARK 浦添」で「FM沖縄 開局35周年記念 ドリームマッチ」に参加した。2016年1月11日の名球会イベント以来1406日ぶりのユニホーム姿で登場。日米通算381セーブを挙げた盟友・佐々木主浩氏との1打席対決で中前適時打を放つなど3打数2安打2打点と活躍した。

「FM沖縄 開局35周年記念 ドリームマッチ」に参加した清原和博氏【写真:編集部】
「FM沖縄 開局35周年記念 ドリームマッチ」に参加した清原和博氏【写真:編集部】

清原氏は佐々木氏と16年1月の名球会イベント以来1406日ぶりに対決した

 西武、巨人、オリックスで通算525本塁打を記録した清原和博氏が17日、沖縄・浦添市の「ANA BALL PARK 浦添」で「FM沖縄 開局35周年記念 ドリームマッチ」に参加した。2016年1月11日の名球会イベント以来1406日ぶりのユニホーム姿で登場。日米通算381セーブを挙げた盟友・佐々木主浩氏との1打席対決で中前適時打を放つなど3打数2安打2打点と活躍した。

 試合前に行われた野球教室ではキャッチボール中に野球少年を羽交い締めにしてイジり倒すなど、久々のユニホーム姿で復活ぶりを披露した。イベント後の報道陣の取材では久々のユニホーム姿をしみじみと振り返るなど充実した表情を見せた。

――冒頭のあいさつ。
「自分が事件を起こして、こういう機会を与えてくれた。FM沖縄さん、立浪くん、心から心から感謝しています。久々にグラウンドに立って、子どもたちと野球をして……。沖縄の素晴らしい天気の中で思い切り野球をできた。この日のことは一生忘れないと思う。これからも精進していきたいと思います。ありがとうございました」

――久々のユニホームだった。
「初心に返るというか、たまたまブルーだったので。ライオンズ時代を思い出しましたよね」

――4番・清原としてグラウンドでプレーした。
「素直にありがたかったです。引退して10年になりますけど、バッターボックスに立った時はドキドキします。相手が子どもであれ、プロ野球選手の投手であれ、同じ気持ちで打席に立ちました。素晴らしい体験をさせてもらいました。今後の人生に生かしていきたいです」

――清原氏が野球の魅力を伝える。その意義は。
「やはり野球人口、(野球をする)子どもたちが減っていると言われているんですけど、微力ながら、野球の素晴らしさを伝えていけたらいいなと思っています」

――身近に子どもたちと野球を楽しんだ。
「僕自身はいろんなものと戦っています。その中で子どもたちから笑顔、ファンの人たちからもらった声援を本当に心にとめて、しっかりと生きたいなと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」