野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ移籍の福田に単独インタ 苦悩の日々激白「『払い過ぎだ』と思われないように」

国内FA権を行使して去就が注目されていたソフトバンクの福田秀平外野手が、来季からロッテへ移籍することが26日、決まった。ロッテへ入団の意向を伝え、他球団には断りの連絡を入れた。また、ソフトバンクには球団事務所を直接訪れて決断を報告した。

FA権を行使してロッテ移籍を表明したソフトバンク・福田秀平【写真:福谷佑介】
FA権を行使してロッテ移籍を表明したソフトバンク・福田秀平【写真:福谷佑介】

1か月の間、悩み抜いた末のロッテ入り「全部の球団に、1回は行こうと決めた」

 国内FA権を行使して去就が注目されていたソフトバンクの福田秀平外野手が、来季からロッテへ移籍することが26日、決まった。ロッテへ入団の意向を伝え、他球団には断りの連絡を入れた。また、ソフトバンクには球団事務所を直接訪れて決断を報告した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 球界関係者によると、ロッテは4年5億円プラス出来高の総額7億円程度の条件を提示。4年6億超プラス出来高で総額10億円近い楽天、同じく4年5億円プラス出来高で総額8億円ほどの西武よりも条件提示は低かったというが、恩人と慕う鳥越裕介ヘッドコーチの存在がロッテ入りの決断の決め手となった。

 ソフトバンク退団とロッテへの移籍を表明後、福田はFull-Countの単独インタビューに応じ、約1か月に及ぶ苦悩の日々などを語った。

――ロッテへの移籍を決断されました。率直な今の心境は。

「1か月以上悩んできましたけど、まだ実感はないですね。ホッとした気持ちもそこまではないですし、やっと決まったなという思いはあります」

――1か月間、色々な気持ちの移り変わりがあったのではないでしょうか。

「本当に悩んだな、と思います。ホークスに残ることも含めて、大きな決断をしないといけない人生のターニングポイントだったので。時間はかかってしまいましたし、他の球団にも待っていただいたんですけど、ようやく整理ができたのかなと思います」

――最初からロッテが本命だった?

「そういうわけではありませんでした。正直なところ、他の球団に気持ちが傾いたところもありました。楽天に行こう、と決めた時もありましたし、西武にお世話になろうと思った時もありました。ヤクルトに行こう、中日に行こうと全部の球団に対して、正直な話、1回は行こうと決めたのが事実ですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」