野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日戦力外の友永、清原監督の前で2打点 「悔い残したくない」とトライアウト参加

今季限りで中日を戦力外となった友永翔太外野手が30日、公開トライアウト「ワールドトライアウト2019」に出場。2打席連続打点を挙げ、監督を務める清原和博氏が見つめる前で打棒を披露した。

ワールドトライアウトに出場している中日を戦力外となった友永翔太【写真:編集部】
ワールドトライアウトに出場している中日を戦力外となった友永翔太【写真:編集部】

中日で入団時からつけた背番号「1」で出場、2打席連続打点と打棒を披露

 今季限りで中日を戦力外となった友永翔太外野手が30日、公開トライアウト「ワールドトライアウト2019」に出場。2打席連続打点を挙げ、監督を務める清原和博氏が見つめる前で打棒を披露した。

 出場選手が2チームに分かれて試合形式で実施され、3番で先発した友永は初回の好機できっちり犠打で先制点をもたらすと、2回の第2打席には初球を振り切って右前への適時打に。アマチュア選手らも参加する中で、元NPBプレーヤーの意地を見せた。守備では不慣れな二塁を守ったが、二遊間のゴロを難なくさばくなど器用さも見せた。

 東海大相模高時代は、日本ハムの大田泰示外野手と同期で、社会人の日本通運からドラフト3位で15年に中日に入団。170センチと小柄ながらパンチ力のある打撃を期待され、当時の落合博満GMから背番号1を与えられたが、1軍に定着できなかった。今季から背番号62に変わり、背水のシーズンとして臨むも10試合出場どまり。10月に戦力外が告げられた。

 友永は今月12日に行われた「プロ野球12球団合同トライアウト」にも出場。家族ら周囲からの「まだユニホーム姿が見ていたい」という思いもあり、「悔いを残したくない」とワールドトライアウトにも参加を決意した。この日は中日で入団から身につけた「背番号1」で臨んだ。

(小西亮 / Ryo Konishi)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」