野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人坂本勇、広島菊池涼は1位になれず…データ分析から選出する最優秀守備賞は?【内野手編】

巨人坂本勇、広島菊池涼は1位になれず…データ分析から選出する最優秀守備賞は?【内野手編】

米国では、データアナリストが選手の守備を分析し、その結果から優秀守備者を表彰する「Fielding Bible Awards」という賞が存在する。これに倣い、株式会社DELTAではアナリストの協力のもと、「1.02 FIELDING AWARDS」というNPBの優秀守備者を表彰する企画を開催している。今年でこの企画は4年目となるが、この結果をお伝えしたい。

西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】
西武・源田壮亮【写真:荒川祐史】

「1.02 FIELDING AWARDS 2019」を振り返る…遊撃手部門1位は3年連続で西武・源田壮亮

https://1point02.jp/op/gnav/column/bs/column.aspx?cid=53579

 米国では、データアナリストが選手の守備を分析し、その結果から優秀守備者を表彰する「Fielding Bible Awards」という賞が存在する。これに倣い、株式会社DELTAではアナリストの協力のもと、「1.02 FIELDING AWARDS」というNPBの優秀守備者を表彰する企画を開催している。今年でこの企画は4年目となるが、この結果をお伝えしたい。

【PR】名作野球アニメやドキュメンタリー作品も充実 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「1.02 FIELDING AWARDS」では、今年は7人のアナリストが各々の分析手法で選手の守備貢献を評価。今季各ポジションを500イニング以上守った12球団の選手を対象に順位付けし(1位:10点、2位:9点……)、最も多くのポイントを獲得した選手を最優秀守備者とした。今回は内野の各ポジションでどのようなランキングになったかを紹介する。※全ポジションの結果はこちらから。

データで選出した2019年守備のベストナイン内野手編【画像提供:DELTA】
データで選出した2019年守備のベストナイン内野手編【画像提供:DELTA】

 遊撃手部門の1位は源田壮亮(西武)。7人のアナリスト全員が1位票(10点)を投じ、70点満点での選出となった。本企画ではルーキーイヤーから3年連続の受賞。すでに一般的にも高い評価を得ている源田の守備だが、その素晴らしさはデータ分析の観点からも証明されている。
 
 今季その源田に次ぐ成果を残したのが京田陽太(中日)だ。京田には7名のアナリスト全員が源田に次ぐ2位票を投じた。アナリストの市川博久氏からは、二遊間、及び三遊間の速い打球に対する処理が素晴らしいという評価もあった。
 
 一方、坂本勇人(巨人)は11選手中6位。本企画においては、2016年に2位、2017年に3位、2018年に2位と上位の常連選手だったが、今季は評価を落とした。アナリストの八代久通氏の分析では、送球に関しては昨季と変わりないが、打球に追いつけるかどうか含め捕球の評価が大きく低下していたようだ。打撃では今季キャリアハイの40本塁打と素晴らしい成果を残したが、守備に関してはややピークを過ぎつつあるのかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」