野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹ガール書道家・原愛梨さんに独占インタ 話題の“書道アート”って一体なに?

3年連続で日本一に輝いたソフトバンクホークス。そのソフトバンクのファンで、選手の名前を用いて「書道」と「絵」を組み合わせた「書道アート」を描く書道アーティストをご存知だろうか? 最近はテレビの情報番組にもたびたび取り上げられ、注目度が急上昇しているのが、書道アーティストの原愛梨さんだ。

Full-Countのインタビューに応じた書道アーティストの原愛梨さん【写真:編集部】
Full-Countのインタビューに応じた書道アーティストの原愛梨さん【写真:編集部】

高橋純平投手がキッカケとなり、一気に人気が高まった原さんの“書道アート”

 3年連続で日本一に輝いたソフトバンクホークス。そのソフトバンクのファンで、選手の名前を用いて「書道」と「絵」を組み合わせた「書道アート」を描く書道アーティストをご存知だろうか? 最近はテレビの情報番組にもたびたび取り上げられ、注目度が急上昇しているのが、書道アーティストの原愛梨さんだ。

 自身のツイッターやインスタグラムで披露していた「書道アート」。その凄さがツイッターやインスタグラム上で反響を呼び、一気に広まりを見せた。ソフトバンクの選手に始まり、作品は今季で現役を引退した阿部慎之助捕手や侍ジャパンメンバーなどなど。11月のソフトバンクのファンフェスティバルでは原さんの作品が選手の“ユニホーム”のデザインに採用され、公式グッズにもなった。

 人気急上昇中の原愛梨さんとは一体何者なのか? 書道アートとは? なにがキッカケだったのか? そんな疑問を独占インタビューで語ってもらった。

――まだ原さんを知らない人も多いかと思います。まずは生い立ちを教えてください。
「福岡県柳川市で生まれて、26年間ずっと福岡で育ちました。福岡教育大にある書道の専門コースに入って学びました。高校を卒業するときに書道の道に行きたいと思っていました」

――そもそも書道との出会いは?
「3歳年上の姉がいるんですけど、その姉が習字をやっていました。私は何でも姉の真似したがりで。ピアノと書道を姉がやっているのを見て、真似してやりたい、やりたい、と。2歳のときに親に『やりたい』と言いました。両親からは『じゃあやりなさい、でもやるからには頂点を目指さないとダメだよ』と言われました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」