野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【eBASEBALL】ヤクルト、最下位からミラクル逆転V 巨人はM2点灯もV逸

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン eペナントレース 最終5節が12日、フジテレビ内特設ステージで行われ、セ・リーグの全順位が確定した。

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン eペナントレースのセ・リーグ全順位が確定した【写真:安藤かなみ】
「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン eペナントレースのセ・リーグ全順位が確定した【写真:安藤かなみ】

eBASEBALLはセ・リーグ最終節が終了、全順位が確定した

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン eペナントレース 最終5節が12日、フジテレビ内特設ステージで行われ、セ・リーグの全順位が確定した。

 開幕3連敗でスタートしたヤクルトが、最後の最後で大まくりだ。この最終節を巨人に優勝マジック2が点灯した状態で迎え、優勝するためには3連勝が絶対条件だったヤクルト。この日は1試合目から打線が爆発し、高良と藤本がそれぞれ4本塁打を放つなど阪神を圧倒した。さらに3試合目にトリで出場した主将の大川が3点差をひっくり返して逆転勝利を納め、優勝に望みをつないだ。

 ヤクルトが3連勝したことで、巨人は1勝1敗1分け以上が優勝への条件に。しかし中日に1敗2分けとされ、ヤクルトの逆転優勝が決定。巨人はマジックを点灯させながらも、あと一歩のところで優勝を逃し2位でシーズンを終えた。3位にはシーズン後半に5連勝を記録するなど勢いに乗った中日が入り、Aクラス3チームが確定。18日から行われるeクライマックスシリーズ進出チームが出そろった。昨年優勝のDeNAは最終戦で引き分けに終わり、Aクラス入りを逃した。

 昨季日本一になった西武に在籍し、今季からヤクルトの代表選手としてプレーしている大川は「首位の巨人と1.5ゲーム差あったので厳しい状態だと分かっていたが、逆転優勝を信じてやってきた。野球はなにが起こるか分からないなと」と興奮気味に話した。日本一に向け、「3連勝して、巨人にプレッシャーをかけることができると思っていた。巨人には開幕3連敗しているので、eクライマックスシリーズでリベンジしたい」とeペナントでの借りを返すことを誓っていた。

 2位・巨人舘野主将「今日の結果はショックだし、自分たちで優勝を逃したのは悔しい。切り替えて自分たちの打ち勝つ野球をして、日本一を取りたい」

 3位・中日菅原主将「新井選手を始め、脇選手、岡久選手が粘ってくれたおかげ。4人で最後まで戦い抜く」

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」