野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

叶わないと思っていた夢が目の前に…野球女子がNPBのユニホームを着た日

まるでプロ野球の入団会見のようだった。西武の居郷肇球団代表が手にとったライオンズのユニホームは、2人の女子選手に手渡された。埼玉西武ライオンズ・レディースでプレーすることが決まった侍ジャパン女子代表経験のある出口彩香内野手と六角彩子内野手は、緊張した面持ちでユニホームに袖を通した。ボタンを留めて、キャップをかぶると子供のような笑顔を見せた。

埼玉西武ライオンズ・レディースの発足会見に出席した新谷監督、出口彩香、六角彩子(左から)【写真:編集部】
埼玉西武ライオンズ・レディースの発足会見に出席した新谷監督、出口彩香、六角彩子(左から)【写真:編集部】

埼玉西武ライオンズ・レディース誕生、西武がアマ女子チームを支援

 まるでプロ野球の入団会見のようだった。西武の居郷肇球団代表が手にとったライオンズのユニホームは、2人の女子選手に手渡された。埼玉西武ライオンズ・レディースでプレーすることが決まった侍ジャパン女子代表経験のある出口彩香内野手と六角彩子内野手は、緊張した面持ちでユニホームに袖を通した。ボタンを留めて、キャップをかぶると子供のような笑顔を見せた。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 子供のように――。彼女たちもNPBの選手になることを夢見た少女だった。小さい頃から男子に混ざって野球を始め、白球を追いかけた。小学校の頃は男子に負けなくても、中学生になると、少しずつ体格、力の差は出てきてしまう。今でこそ、女子硬式野球部のある高校も増えてきたが、野球を辞めていく女子の友達を何人も見てきた。それでも自分たちは大好きな野球を続けた。

 2018年、日本代表の主将を務め、ワールドカップ6連覇を達成した原動力となった出口は自分がプレーを続けることで、女子野球の未来が変わる突破口になればと、所属先が女子プロ野球リーグ、社会人チームと変わっても、ボールを追うことをやめなかった。今では彼女の背中を見て、野球を続ける後進たちも多い。

 その思いが形になった。12球団で初めて、西武が女子野球チームを支援することが決まった。西武ライオンズと同仕様のユニホームの制作、新しくなった室内練習場の使用、用具提供、西武アカデミーコーチの派遣などのバックアップを受けられる。信念が、ついに大きな動きとなった。

「埼玉西武ライオンズさんが、こうして支援していただけることをとてもうれしく思います。女子野球だけでなく野球界をもっと盛り上げていけるような活動したいですし、私たちだけでなく、下の世代に夢や希望を持って、しっかり頑張っていきたいと思います」

 会見で出口は責任を感じながらも、喜びをかみしめていた。隣では指揮を執る元西武右腕・新谷博監督はうなづきながら、話を聞いていた。新谷監督は尚美学園大学女子硬式野球部監督として、女子野球の発展に尽力してきた。出口は教え子の1人だった。女子野球に携わって15年。出口のように野球を続ける者もいれば、受け皿が少なく、野球を諦める子を何人も見てきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」