「球数制限」の“先駆者”が訴える学童野球改革案 イニング、試合数、リーグ制へ…

全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事【写真:広尾晃】
全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事【写真:広尾晃】

全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事がルールの改定を提案、球数制限は高校野球に先駆けて導入

 全日本軟式野球連盟の宗像豊巳専務理事は、1月19日に行われた「ぐんま野球フェスタ」の指導者講習会で、学童野球など小中学校の軟式野球のルールを大きく変える大胆な改革案を提案した。

 昨年の同じ大会で、宗像専務理事は「70球」という「球数制限」を打ち出した。全日本軟式野球連盟は、宗像専務理事の提案を2月の理事会に諮り、この年から正式に導入が決まった。高校野球に先駆けての「球数制限」導入は、野球界全体に大きな影響を与えた。

 これに続いての大胆な改革案の提案だ。今回の提案は以下の通り

○野球肘障害を減らすため、さらなるルールの改定(案)

1.試合回 6回制
2.試合数規制 年間80試合以内
3.投捕間距離の改正 (16メートル→15メートルへ)
4.盗塁数規制 (1試合3~5回)、パスボールでの進塁なし
5.ホームベースの拡大化 (大人用と同じサイズ)
6.大会においてトーナメント制からリーグ制へ移行
7.カウント ワンストライクから始める
など

競技人口の減少が止まらない軟式野球「誰もが楽しく野球ができる」改革へ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY