野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人史上最強助っ人クロマティ氏が熱弁、外国人選手が日本で成功する条件

プロ野球の春季キャンプがスタートし、各球団は開幕に向けて着々と準備を進めている。この時期、ファンをワクワクさせているのが、新外国人選手のニュースだ。フリー打撃で柵越え○本、初実戦で最速○キロといったニュースは大きく取り上げられる。“助っ人”として海を渡ってくる選手が活躍できるか、できないかでチームの成績は大きく変わってくる。

巨人史上最強助っ人と呼ばれるウォーレン・クロマティ氏【写真:荒川祐史】
巨人史上最強助っ人と呼ばれるウォーレン・クロマティ氏【写真:荒川祐史】

今季も新外国人が続々と来日したが…巨人史上最強助っ人が考える成功の“コツ”は?

 プロ野球の春季キャンプがスタートし、各球団は開幕に向けて着々と準備を進めている。この時期、ファンをワクワクさせているのが、新外国人選手のニュースだ。フリー打撃で柵越え○本、初実戦で最速○キロといったニュースは大きく取り上げられる。“助っ人”として海を渡ってくる選手が活躍できるか、できないかでチームの成績は大きく変わってくる。

 今年はメジャー通算282本塁打、ゴールドグラブ賞4度、オールスター選出5度を誇る超大物、アダム・ジョーンズ外野手がオリックスに加入。ソフトバンクと契約したマット・ムーア投手も2013年にレイズで17勝を挙げるなど超有望株としてメジャーを沸かせた左腕で、巨人のヘラルド・パーラ外野手も昨季ナショナルズのワールドシリーズ制覇に貢献するなどメジャー通算1466試合出場の実績を持つ。ヤクルトのアルシデス・エスコバー内野手、阪神のジャスティン・ボーア内野手らもメジャーで結果を残した実力者。一方で、MLBでは実績がなくても、成功を目指して日本にやってきた選手もいる。

 メジャーで実績があるからといって、NPBでも活躍できるとは限らない。過去には期待を大きく裏切ってしまった選手もいる。逆に、日本で結果を残してメジャーで大型契約を勝ち取る選手や、NPBで長く活躍する選手も多い。助っ人が役割を果たすために大事なことは何なのか。巨人史上最強助っ人と呼ばれるウォーレン・クロマティ氏はFull-Countの取材に「チームプレーヤーになれるか。そこが大事」と明かしていた。昨年行ったインタビューから、NPB助っ人“成功の条件”を読み解いてみた。

 クロマティ氏は1984年に巨人に加入すると、7シーズンで通算779試合に出場し、打率.321、171本塁打、558打点をマーク。明るい性格でチームに溶け込み、バンザイパフォーマンスをはじめとする旺盛なサービス精神でファンからの人気も絶大だった。

 MLB通算1038試合出場の実績を誇り、巨人入団直前の83年にもエクスポズで120試合出場と来日前はバリバリのメジャーリーガーだったクロマティ氏は、日米の野球について「全く違います」と分析する。「日本の野球は基礎技術とチームプレー。メジャーはパワーとスピードです。あと、タイミングとリズムはメジャーの方が随分速い」。まずは、この違いに対応する必要があったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」