野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元DeNA、鷹・吉村が琉球入団で抱く使命 「野球だけしかできないのはだめ」

吉村裕基外野手は、東福岡高から2002年ドラフト5巡目で横浜(現DeNA)に入団。中軸打者として活躍したのち、2013年にトレードでソフトバンクに移籍。2018年に退団し、昨年はオランダでプレーしたが、オフに新球団琉球ブルーオーシャンズに入団した。新球団でプレーする思いについて聞いた。

昨年オフに球団琉球ブルーオーシャンズに入団した吉村裕基外野手【写真:広尾晃】
昨年オフに球団琉球ブルーオーシャンズに入団した吉村裕基外野手【写真:広尾晃】

昨年はオランダでプレーし、今年は新球団・琉球ブルーオーシャンズに入団

 吉村裕基外野手は、東福岡高から2002年ドラフト5巡目で横浜(現DeNA)に入団。中軸打者として活躍したのち、2013年にトレードでソフトバンクに移籍。2018年に退団し、昨年はオランダでプレーしたが、オフに新球団琉球ブルーオーシャンズに入団した。新球団でプレーする思いについて聞いた。

――昨年はオランダでプレーしてどんな感じでしたか?

「NPBの恵まれた環境でプレーしていたので、食事1つとってもケータリングなんかないし、食べるところを探すような環境で野球をしたのは、いい経験でした。帰国後も、現役続行をするつもりでトレーニングしていたのですが、元DeNAの小林太志さんが社長になって琉球ブルーオーシャンズができたのを聞いて、注目していました。選手としてオファーをいただいたのはうれしかったですね」

――琉球ブルーオーシャンズではどんな役割を果たしたいと思いますか?

「コーチじゃなくて選手ですが、同じ選手としての目線で、若い選手にアドバイスができたらと思います。もちろん若い選手から学ぶこともたくさんあります。僕も、NPB時代、先輩の選手の「こうしたらいいんじゃないか」というアドバイスにすごく助けられましたから。コーチではないので、聞かれれば答えるという姿勢ではありますが、親切に対応したいと思います」

――チームの若い選手を見てどう感じましたか?

「彼らは、今までは学校や社会人で勉強や仕事をしながら野球をしていましたが、ここでは野球が仕事です。これ1本になるわけです。朝起きてストレッチして球場に来て、練習して終わってからケアして栄養摂って、四六時中野球のことを考える。それがプロ野球選手になるということです。そのことを自覚してほしいですね。トレーニング1つにしても、野球選手なので、野球に通じる動きを意識しなければなりません」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」