野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元西武GG佐藤氏、今だから明かす北京五輪悪夢の3失策「韓国に気持ちで負けていた」

かつて「G.G.佐藤」の登録名で活躍した佐藤隆彦さんが、波乱万丈の人生を振り返る第2回。2008年北京五輪での悪夢の3失策とそこからの復活、引退後のセカンドキャリアについても語ったが、話はいつしか、中学時代の恩師で2月11日に亡くなった野村克也氏(元南海、ヤクルト、阪神、楽天監督)の話に行き着いた。

星野仙一さん、野村克也さんとの思い出を語る「G.G.佐藤」こと佐藤隆彦さん【写真:宮脇広久】
星野仙一さん、野村克也さんとの思い出を語る「G.G.佐藤」こと佐藤隆彦さん【写真:宮脇広久】

どん底から救った星野仙一氏の言葉「彼の野球人生をダメにしたくないから…」

 かつて「G.G.佐藤」の登録名で活躍した佐藤隆彦さんが、波乱万丈の人生を振り返る第2回。2008年北京五輪での悪夢の3失策とそこからの復活、引退後のセカンドキャリアについても語ったが、話はいつしか、中学時代の恩師で2月11日に亡くなった野村克也氏(元南海、ヤクルト、阪神、楽天監督)の話に行き着いた。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

──日本代表として出場した2008年北京五輪。8月22日午前10時30分から行われた準決勝・韓国戦に「7番・左翼」で先発し、“悲劇”は起こった。北京の球場は、日本のそれとは勝手がだいぶ違っていた

「そういうところで、やりにくさはありました。日本のプロ野球はある意味、普段いい環境でやりすぎていますからね。芝の状態も悪かったですし、スタンドも仮設。太陽の位置が真上にあって、フライを捕ろうとするとちょうど目に入った。日本の球場では、太陽があんなところにあることはなかったので、方角的なことを考えて造っていないのかなと思いました。それに、予選リーグはずっとナイター。準決勝の韓国戦と3位決定戦の米国戦だけが昼間の試合で、しかもカンカン照りだったことにも戸惑いました」(日本は予選リーグ7試合中6試合がナイター。唯一10時30分開始だったカナダ戦に、佐藤さんは出場していない)

──まず2点リードの4回、左前打を“トンネル”し、失点につながった。

「まさにトンネルでした。打球には追いついていたのに、グラブの下を通っていった。あんな打球が捕れなかったのかと、不安になりました。点も入って詰め寄られてしまって、やばいぞ、これ以上エラーしたら負けちゃうぞって、思えば思うほど、不安で自信もなくなり、『飛んでくるな』という気持ちになりました」

──2点リードされて迎えた8回2死一塁では、左中間を襲った飛球をグラブに当てながら落球。タイムリーエラーとなった。

「打球を追いながら、『(センターの)青木、捕ってくれないかな』と思いましたよ。でも、追っていたらやっぱり『俺(の守備範囲)だな』と。イージーではなかったけれど、プロなら捕るべき打球でした。グラブに触ってますから」

──西武では右翼を守ることが多く、左翼は不慣れなだった

「とはいえ、西武でも何試合かレフトを守っていた。守備も自信がないわけじゃなかったんです」

──極度に緊張していたのか

「それまで味わったことがない緊張感でした。予選リーグともまた違いましたね。まあ正直、予選リーグでも韓国、キューバ、アメリカに負けていて、ギリギリの4位通過でしたから、(最終成績の4位は)順位通りといえば順位通りでした。でも、“負けたら終わり”ということで緊張しましたし、日韓戦って、それまでは他人事として見ていましたけど、実際に体験してみると、本当に独特な雰囲気でした。韓国側の応援は今も耳に残っています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」