野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

現役最多はホークス松田宣! 球場の広さ、俊足、長打…「三塁打」が生まれる理由

2019年のシーズンにおいて、パ・リーグ最多の三塁打を記録したロッテ・荻野貴司外野手。その数は7本。この数字を見てもわかる通り、プロ野球の世界において三塁打は決して多く生まれるものではない。実際、長いプロ野球の歴史においても、通算100本以上の三塁打を記録した選手はわずか3名と、二塁打や本塁打に比べて数字自体がかなり小さなものとなっている。

ソフトバンク・松田宣浩【写真:丹羽海凪】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:丹羽海凪】

他の長打に比べて、三塁打が生まれる回数はかなり少ない

 2019年のシーズンにおいて、パ・リーグ最多の三塁打を記録したロッテ・荻野貴司外野手。その数は7本。この数字を見てもわかる通り、プロ野球の世界において三塁打は決して多く生まれるものではない。実際、長いプロ野球の歴史においても、通算100本以上の三塁打を記録した選手はわずか3名と、二塁打や本塁打に比べて数字自体がかなり小さなものとなっている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 しかし、現役選手内での通算記録や、1シーズンにおける三塁打の記録といった数字に目を向けてみると、興味深い傾向が示されていることがわかってきた。今回は、その2つのランキングをそれぞれ紹介し、どのような選手が上位に入っているのかを確認するとともに、三塁打にまつわるリーグごとの違いについても考えていきたい。

 まず、2020年にNPBで現役としてプレーする選手内における、通算三塁打数のトップ10を紹介していきたい。その結果は以下の通りだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」