野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「心だけ受理」BC埼玉武蔵選手会が申し出た報酬返納 球団社長が苦渋の決断

ナインの思いはひとつにまとまっていた。ルートインBCリーグ・埼玉武蔵の選手会長、宮之原健(たける)外野手から角晃多監督に連絡が入った。「球団に何か協力ができないかと考えました」。選手全員合意のもと、開幕以降の報酬を一部、返納したいという申し出だった。

給料の一部返納を球団に申し出た埼玉武蔵ヒートベアーズ【写真提供:埼玉武蔵ヒートベアーズ】
給料の一部返納を球団に申し出た埼玉武蔵ヒートベアーズ【写真提供:埼玉武蔵ヒートベアーズ】

「選手の生活を苦しめてはいけない」正式返答はまだ、Tシャツ受注製作で還元を

 ナインの思いはひとつにまとまっていた。ルートインBCリーグ・埼玉武蔵の選手会長、宮之原健(たける)外野手から角晃多監督に連絡が入った。「球団に何か協力ができないかと考えました」。選手全員合意のもと、開幕以降の報酬を一部、返納したいという申し出だった。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 今井英雄球団社長がその連絡と嘆願書を受けたのは4月10日頃。ルートインBCリーグも新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、リーグ戦の開幕は延期し、チーム活動も自粛している。2月から予定していたイベントも中止。開幕も想定していたため、球場の準備や備品も揃え、経費はかけていた。球団経営、財政はひっ迫しているわけではないが「苦労はしているというのが実情」と今井社長は話す。

 昨年のドラフト会議では埼玉西武から3位で松岡洸希投手、巨人から育成2位で加藤壮太外野手が指名された。元NPB選手や甲子園経験者など実力者がそろうチームで、地元のファンからの熱い応援も受ける。今年の開幕も関係者誰もが、楽しみにしていた。期待をしていた観客収入はなく、グッズの収益もインターネット販売のみ。開幕さえすれば、ファンクラブの会員増も見込めていた。どの球団にも共通の課題だが、独立リーグも経営面で厳しい現実に直面している。

 もちろん、球団側が選手からの申し出を受けるまで、経営や給料について、話をしたことはない。今井社長は選手会からの嘆願書を受け、「本当にありがたい思いです」と心の底から選手の気持ちに感謝した。

 本当に嬉しかった。でも……回答は保留した。

「ご存知の通り、BCリーグは、毎月払える報酬が低いですから、この申し出を安易に受けてしまい、選手の生活が成り立たないとなっては一番、困ります。なので、『心だけは受理』していると言う形をとりました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」