野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

現役ながら指導者として一歩 女子野球・加藤優の選んだ道「リスクはあるけれど…」

2020年、女子野球選手の加藤優は新たな一歩を踏み出した。現役を続けながらもチームには所属せず、一人の野球人として可能性を広げる1年にすることにした。

子供たちに守備指導を行う女子野球選手の加藤優【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
子供たちに守備指導を行う女子野球選手の加藤優【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

4月1日から横浜DeNAベイスターズ・ベースボールスクールのコーチに就任

 2020年、女子野球選手の加藤優は新たな一歩を踏み出した。現役を続けながらもチームには所属せず、一人の野球人として可能性を広げる1年にすることにした。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「今年はチームに所属しないと決めて、いろいろ自由に動いてみたいと思っています。プロを辞めていろいろなことにチャレンジできるチャンスを1年間、自分自身に設けてみようかと。もちろん、チームに所属しないと試合に出られないリスクはあるんですけど、しっかり体力は落ちないように管理しつつ、プロとして培った技術は練習を続ければ簡単に落ちるものではないと思っています」

 2016年から所属した埼玉アストライアを昨季限りで退団。「不安はありました。すごく悩んだんですけど、異なる環境で挑戦してみたかったので」と“フリー”での活動を始めた。そして、新たな取り組みの1つとして、4月1日から横浜DeNAベイスターズ・ベースボールスクールのコーチに就任。子どもたちに野球の楽しさを伝えることにした。

「野球の普及・発展というところで、いろいろな角度から女子野球界にアプローチしていきたいと思ったのがきっかけです。現役だからこそ伝えていけることもあると思うので」

 就任に先駆け、2月には横須賀にあるベイスターズのファーム施設DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKAで行われた女子野球選手向けの野球教室に講師として参加。当日は40人を超える小中学生女子が集まり、プロ経験者の指導に耳を傾けた。これまでも小学校やクラブチームに出掛け、野球教室で講師を務める中で「分かりやすさ」を大切に伝えているという。

「相手に対して、いかに分かりやすく、噛み砕いて伝えるか。これは永遠に難しいことだろうなと感じていますが、おそらく多くの指導者の方々がそう思っているんじゃないかと思います。私は指導者歴が長くないので、これから教えながら勉強していくことになりますが、今、私が持つ経験と引き出しを最大限に出そうと思います。その中で、子どもたちにとにかく野球を好きになってもらえるように、成功体験をどんどん増やしてあげたいと思いますね」

 自身は「どちらかという感覚でプレーするタイプ」だといい、「感覚を言葉として伝えるのは、選手としてもすごく役立つところがあります」と話す。教えることはまた、自身の成長にも繋がっているようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」