経済、治安悪化…命の危機に直面しても野球が好き 南米で働く日本人トレーナーの思い

本間敬人氏(右)と現日本ハム・村田透【写真:本人提供】
本間敬人氏(右)と現日本ハム・村田透【写真:本人提供】

ベネズエラで11年、現在ドミニカ共和国にあるフィリーズ傘下のアカデミーで働いている本間敬人氏

 南米の野球大国でもあり、世界有数の治安の悪い国としても知られるベネズエラで11年間、プロ野球のトレーナーとして勤務してきた日本人がいる。現在、ドミニカ共和国にあるフィリーズ傘下のアカデミーで働いている本間敬人氏だ。チームバスが山賊の襲撃に遭い、選手が負傷するなど、身の回りで危険なことも起きる中、異国の地で毎冬たくましく生きている。本間氏はいったいどんな環境の中で仕事をしているのか、話を聞いた。

 07年、ティブロネス・デ・ラ・グアイラでベネズエラでのキャリアをスタートさせた本間氏。1年目のシーズンは、衝撃的な事件で幕を開けた。ある日試合を終え、チームバスで夜通しかけて次の都市に向かっている途中、高速道路でバスが山賊に襲撃されたのだ。

「道路の脇からバスに石を投げられて、運転席の正面や横の窓ガラスが割れました。でも、そこで止まると襲われるから、運転手は窓ガラスが割れたまま、約20キロ走って明るい所で止まったんです。自分は2台目のバスだったので無事でしたが、前のバスの様子を見に行くと、選手が顔から血を流していた。ガラスの破片が目に入り、目の下を切っていたので、応急処置をして、街に着いてから病院に連れて行きました」

 チーム合流からわずか1か月。ベネズエラの治安を悪さを身を以て知るには十分すぎる出来事だった。ベネズエラでは近年、こうした事件が多発しており、今ではチームバスに拳銃を持った護衛が各チーム6人ずつついている。

 首都カラカスではホテルから球場に行く途中の道で死体を目撃したこともあった。「地元民はもう見慣れているので、ゴミ袋をかけられた死体を見て笑っている人もいた」。本間氏にとっては衝撃的なシーンだった。それでも、ベネズエラが嫌いになることはなかった。

「自分もラティーノたちと同じで人生を楽しむタイプ。もちろん危険な目には遭わないように気をつけてはいますが、ベネズエラに行きたくないと思ったことは一度もない。陽気で明るい彼らと一緒に、自分も楽しんでいます」

2007年に出会った日本人選手・マック鈴木氏からもらった言葉

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY