オリ山岡&巨人菅野は上々、西武ニールは課題… 12球団開幕投手の調整は順調か?

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

巨人菅野は2日の西武戦に投げて4回2安打1失点と好投

 6月19日についに開幕を迎えるプロ野球。新型コロナウイルスの感染拡大による開幕延期で実に3か月遅れで待ちに待ったシーズン開幕を迎えることになる。

 現在、各球団はそれぞれ練習試合を通して2週間後に迫る開幕に向けて調整を進めている。東日本に本拠地を置く8球団が関東に、西日本に本拠地を置く4球団が関西に集まって実戦を戦っており、各球団の開幕投手たちも調整のマウンドに上がっている。

 そこで12球団の開幕投手たちの対外試合初登板に注目。順調な調整ぶりを伺わせた投手、いささかの不安を残した投手、それぞれの調整登板を振り返ってみたい。まずはセ・リーグから。

【セ・リーグ】
巨人:菅野智之投手
2日・西武戦 4回2安打(1被本)0四球5三振1失点 47球

DeNA:今永昇太投手
5日・日本ハム戦 3回3安打1四球3三振3失点 45球

阪神:西勇輝投手
5日・ソフトバンク戦 5回5安打(1被本)0四球4三振2失点 70球

広島:大瀬良大地投手
5日・オリックス戦 4回2安打1四球6三振0失点 70球

中日:大野雄大投手
4日・ヤクルト戦 3回2安打0四球3三振0失点 47球

ヤクルト:石川雅規投手
5日・巨人戦 5回2安打1四球1三振0失点 61球

40歳で開幕投手を託されたヤクルト石川も順調か

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY