関西独立リーグが開幕! 堺の新人ナックルボーラー佐野、7回1失点でプロ初勝利

さわかみ関西独立リーグが開幕した【写真:広尾晃】
さわかみ関西独立リーグが開幕した【写真:広尾晃】

さわかみ関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズと堺シュライクスの公式戦がスタート

 6月13日、兵庫県三木市の三木総合防災公園野球場で、さわかみ関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズと堺シュライクスの公式戦が行われた。NPBの開幕より一足早い“開幕戦”だった。

 さわかみ関西独立リーグは、2018年まで「BASEBALL FIRST LEAGUE」を名乗っていたが、2019年に「関西独立リーグ(二代目)」となり、今年1月にさわかみ財団と命名権契約を締結して、2020年のリーグ名称を「さわかみ関西独立リーグ」とした。

 なお、今季北海道に発足した独立リーグ、北海道ベースボールリーグは、5月30日に公式戦をスタートさせている。

 さわかみ関西独立リーグは、兵庫ブルーサンダーズ、和歌山ファイティングバーズ、06BULLS、堺シュライクスの4球団からなっている。今季は4月に開幕し、土、日休日を中心に48試合を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で、30試合に短縮。練習試合は少し前から始めていたが、公式戦はこの日の開幕となった。

 すでに関西地方は梅雨入りし、この日も降水確率90%となっていたが、午前中は一時的に雨がおさまっていた。試合開始の12時前から再び降り出したが、プレイボールの時間を少し早めて試合はスタートした。

「すでに試合数も短縮になっていますし、雨天にした場合に代替試合も難しい。選手にもずいぶん待たせていたし、何とかして今日、開幕戦をやりたかったんです」

 兵庫ブルーサンダーズの川崎大介球団社長は語る。

無観客で行われたがインターネットラジオ局が中継も

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY