野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人愛溢れるタイガーマスクも唸った “鉄板”ソフトバンクと甲斐キャノン

プロレス界きっての巨人党として知られる新日本プロレスのタイガーマスク。特に、現役時代から大好きだという原辰徳監督とは、指揮官がプロレス好きという縁もあり、親交が深い。昨年に続き、今年も2月に巨人の2次キャンプ地である沖縄を訪問。2年連続のリーグ優勝、そして2012年以来8年ぶりの日本一に向けて、熱いエールを送った。

巨人ファンとして知られるプロレスラーのタイガーマスクさん【写真:荒川祐史】
巨人ファンとして知られるプロレスラーのタイガーマスクさん【写真:荒川祐史】

2012年以来の日本一を目指す巨人、その前に立ちはだかる難敵は?

 プロレス界きっての巨人党として知られる新日本プロレスのタイガーマスク。特に、現役時代から大好きだという原辰徳監督とは、指揮官がプロレス好きという縁もあり、親交が深い。昨年に続き、今年も2月に巨人の2次キャンプ地である沖縄を訪問。2年連続のリーグ優勝、そして2012年以来8年ぶりの日本一に向けて、熱いエールを送った。

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 原監督との会話から「今年は意気込みが違う」と感じたというが、愛する巨人が歩む日本一への道のりにおいて最大の壁として立ちはだかるのは、昨シーズンに続き、ソフトバンクではないかと予想する。

「もちろん、セ・リーグのどの球団も侮れませんが、監督は今年、ものすごく気合が入っていましたから。底力を見せてくれると思うんでよ。となると、パ・リーグはやっぱりソフトバンクですよね。強い。鉄板ですよね(笑)」

 その強さに改めて圧倒されたのは、昨シーズンの日本シリーズだった。敵地で迎えた第1戦、巨人は2回に先制点を挙げるが、直後に逆転されて黒星。第2戦は6回まで両チーム無得点の緊迫した試合展開となったが、7回と8回に6点を許した巨人は、9回に3点を挙げたが追いつけず。2連敗で東京に戻ってきた。

「2戦2敗した時に『これは、もしかして……』と、嫌な予感はしました(苦笑)。先制しても逃げ切れないし、先制されたら追いつけない。選手のコマが不足していたのか、作戦が失敗したのか。僕、巨人のチーム関係者の方とよく連絡を取るんですけど、去年はちょっと電話はできなくて、メールだけにしました。『悔しいです』くらいに(笑)」

【PR】2020年シーズンは11チームの試合を配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」