野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元ロッテ成瀬がスピード全盛の時代に伝えたい思い 故郷で見つけた新たな目標とは?

夕刻のグラウンドに、穏やかな表情が映える。「選手たちはいい緊張感で臨んでくれましたし、僕自身は暖かく見守っていましたよ」。

BC栃木・成瀬善久選手兼任コーチ【写真:小西亮】
BC栃木・成瀬善久選手兼任コーチ【写真:小西亮】

ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに選手兼任コーチとして加入

 夕刻のグラウンドに、穏やかな表情が映える。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「選手たちはいい緊張感で臨んでくれましたし、僕自身は暖かく見守っていましたよ」

 ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスが、21日に栃木県営球場で迎えたシーズン開幕戦。今季から選手兼任で加入した成瀬善久投手コーチが、新天地での第一歩を振り返った。昨季限りでオリックスを戦力外となった左腕は今、ふるさとの地で前途ある若人たちと向き合っている。

 16年間過ごしたNPBの舞台に別れを告げ、地元に戻ってきた。ゴールデンブレーブスが本拠とする栃木県小山市の出身。「今は実家に住んでますよ。中学生以来だから、もう20年ぶりくらいですかね」。今年1月に栃木の入団会見をしてから5か月あまり。新型コロナウイルス感染防止に気を配りながら、徐々に野球ができる環境が戻ってきた。ロッテ入団時の背番号60を再びつけた成瀬兼任コーチは、自らの役割を全うしていく。

 マウンド上で獲得してきた経験値は、生半可な数じゃない。2007年に16勝1敗、防御率1.81という抜群の成績で最優秀防御率と最優秀投手(勝率1位)の2冠を獲得。2010年にはエースとして日本一に貢献した。ロッテで11年間過ごし、その後はヤクルトとオリックスでもプレー。通算96勝はそのまま自身の財産となり、NPBを目指す若手選手たちにノウハウとして還元される。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」