野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

独立リーグも頭を悩ませる“ウィズコロナ” 収入ダウン、人員削減…どう戦う?

地方球場にも、白球の音が帰ってきた。NPBに続き、プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」が2か月遅れで6月20、21日の両日に開幕。一部で早くも観客を入れた球場もあったが、大半が無観客でのスタートとなった。日程やレギュレーションを変更し、現場では十分とは言えない人員の中で感染予防対策と試合運営の両立に追われる中、選手たちはNPB入りへのアピールに励むという異例のシーズンになる。

NPBに続き6月20日に開幕したルートインBCリーグ【写真:小西亮】
NPBに続き6月20日に開幕したルートインBCリーグ【写真:小西亮】

追われる対応…球団によってはスタッフ5人のところも

 地方球場にも、白球の音が帰ってきた。NPBに続き、プロ野球独立リーグ「ルートインBCリーグ」が2か月遅れで6月20、21日の両日に開幕。一部で早くも観客を入れた球場もあったが、大半が無観客でのスタートとなった。日程やレギュレーションを変更し、現場では十分とは言えない人員の中で感染予防対策と試合運営の両立に追われる中、選手たちはNPB入りへのアピールに励むという異例のシーズンになる。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 梅雨雲の間から時折日が差す栃木県営球場。昨季リーグ優勝を果たした栃木ゴールデンブレーブスは6月21日、埼玉武蔵ヒートベアーズとの開幕戦を迎えた。ベンチ内にいるのは首脳陣と出場選手のみ。守備で選手がグラウンドに出払うと、がらんとしている。1万5000人超を収容するスタンドに目をやると、地元を中心としたメディアとわずかにNPBのスカウトの姿。打球音や選手たちの声ははっきり聞き取れ、2時間22分の投手戦が繰り広げられた。

 来場の関係者には検温、消毒、体調チェック用紙の記入を徹底。感染予防に気を配りながらの試合運営で、当然スタッフの仕事量は増える。栃木の広報担当者は「うちは、まだ人員が20人ほどはいるので回せていますが、球団さんによっては同じことを5人くらいでやらなきゃいけない場合もあると思います」という。現在は無観客のため関係者は限られるが、栃木でも7月中旬には観客を動員しての開催を検討中。観戦者への対応はより神経を使い、人員も増えることになる。

「球場ごとに事情も違ってくるので、個々の対策を考えなければいけません」。栃木の江部達也球団社長は“withコロナ”に向けた対応の難しさを実感している。座席が個別になっている場合は、座れない座席に目印をつけるなどしてソーシャルディスタンスが確保しやすいが、球場によってはベンチ状になっている座席もある。「今までもスタンドの担当の職員はいて『もう少し詰めて座ってください』とお声かけしていましたが、これからは『離れて座ってください』ということになるんでしょう」。国が示すイベントの開催基準に則りながら、受け入れ態勢を整えていく。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」