野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「自分たちの2年半は確かにあった」 休部の元PL戦士が贈る高校球児たちへの言葉

2016年の夏を最後に休部扱いとなっている大阪・PL学園高校硬式野球部。春夏全国制覇7度の名門の誇りを胸に、今も高みを目指しているPL戦士たちが全国にいる。ミキハウスに所属する澁谷勇将投手もその一人。休部で活動ができなくなった母校への思いを明かしてくれた。

ミキハウス・澁谷勇将投手【写真提供:ミキハウス】
ミキハウス・澁谷勇将投手【写真提供:ミキハウス】

2014年夏、大阪府準優勝時のエース・澁谷勇将さんはプロを目指し奮闘中

 2016年の夏を最後に休部扱いとなっている大阪・PL学園高校硬式野球部。春夏全国制覇7度の名門の誇りを胸に、今も高みを目指しているPL戦士たちが全国にいる。ミキハウスに所属する澁谷勇将投手もその一人。休部で活動ができなくなった母校への思いを明かしてくれた。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 澁谷さんは名門のエースナンバーを背負い、2014年夏の大阪府大会を決勝まで勝ち抜いた。完封あり、好リリーフあり……。決勝戦はその夏、全国制覇をした大阪桐蔭に敗れ、惜しくも準優勝。夏を肌で感じると、最近のことのようにあの時のグラウンドの香りが蘇ってくる。

 優勝候補の筆頭だった大阪桐蔭は準決勝で履正社の1年生左腕・寺島成輝投手(現ヤクルト)に苦しめられたとあり、PL学園の先発投手は左腕が上がった。右腕の澁谷さんはリリーフ待機となった。しかし、先発、2番手も失点を重ね、点差は開いていった。0-9の展開で3番手でマウンドに上がった澁谷さんは2回1/3を投げ、強打の大阪桐蔭打線を1安打、無失点のピッチング。悔しい敗戦となった。

 泣いた。時間が経つと、ふとした疑問が湧いた。もしも、自分が先発していたら、結果はどうなっていただろうか。

 17歳の澁谷さんは、すぐに首を横に振り、現実を見つめた。

「なぜ、自分が投げさせてもらえなかったのかとすぐに考えました。結局、『お前しかおらん』というようなチームの方針だったら、自分が選ばれていたはず。大阪桐蔭が左に弱いというデータがあったかもしれませんが、自分の実力の無さに悔しさが出てきました。チームが勝つための最善策だったのだから、仕方がないなと今は思っています」

 甲子園に出場することはできなかった。精神的にも、技術的にも、もっと自分が変わらなければ、上には行けない。負けた次の日から、気持ちは切り替わった。大学で野球を続け、全国の舞台に立ち、そしてプロになる。高みを目指すためにトレーニング方法も見直した。

 振り返れば、悔しさが自分の成長の原点でもあった。澁谷さんは新チームになってからの背番号は11。大事な試合を任されていてもエースナンバーは同級生だった。

「1番を付けさせてもらえないんだ…というその悔しさがずっとありました。だから、もっと練習を頑張れたというか、同級生には絶対負けたくないという思いで練習をしていました。11番が自分自身を成長させてくれたと思っています」

 かつては桑田真澄投手(元巨人)も前田健太投手(ツインズ)も1年生だったが11番をつけて、最後はエースナンバーを背負った逸話も励みのひとつになった。最後の夏は努力の成果で背番号1を手に入れた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」