野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

なぜ鷹は今季初の3連勝をできたのか? 悔しさ乗り越え楽天打線封じた甲斐拓也の“変化”

12日の楽天戦に6-1で快勝し今季初の3連勝としたソフトバンク。先発の石川が7回2安打1失点と好投するなど、投打の歯車が噛み合った。有観客試合が再開されてから3連勝。首位を走ってきた楽天に4勝2敗で勝ち越しに成功し、勝率を5割に戻した。

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

日本ハムとの3試合でスタメンから外されていた甲斐

 12日の楽天戦に6-1で快勝し今季初の3連勝としたソフトバンク。先発の石川が7回2安打1失点と好投するなど、投打の歯車が噛み合った。有観客試合が再開されてから3連勝。首位を走ってきた楽天に4勝2敗で勝ち越しに成功し、勝率を5割に戻した。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ここまで強烈な強さを見せていた楽天を相手に手にした3連勝の意味は大きい。10日は東浜が1安打1失点と力投し、柳田が劇的なサヨナラ弾。11日は二保の粘投、松田宣の同点弾や明石の決勝打と役者たちが働いた。そして12日は石川の快投と柳田の先制弾などによる完勝だった。

 柳田、東浜、松田宣、二保、明石、そして石川……。この3連勝で活躍した選手は数多い。ただ、その中で忘れてほしくないのは存在がいる。捕手の甲斐拓也だ。

 3連勝するまでの甲斐は苦しい状況にあった。正捕手として開幕を迎えながら、チームは波に乗れずにいた。2度の3連敗があり、7月の日本ハム戦では2年目の野村にサヨナラ打を浴びる敗戦があった。リード面を槍玉に挙げられ、翌日の7月3日と4日は高谷が、5日には九鬼が先発マスクを被り、甲斐は3試合連続でスタメンを外された。

 甲斐にとって、この3試合は堪えたことだろう。思うように結果が出ずに痛打を食らい、そして、ベンチで試合を眺めることになった。さらには8日の楽天戦でも12失点を喫し、再びスタメンから外れた。翌日、ベンチで試合を見つめるその手には大きなノートが握られ、必死にメモを取る姿があった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」