野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「可能性は0.000何%」栃木・若松駿太をそれでもNPB復帰に向かわせる愛妻の言葉

中日でかつてシーズン10勝を挙げた右腕が、NPB復帰に向けて岐路に立っている。ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスで2年目を迎えた若松駿太投手。今季は右肩痛で出遅れ、試行錯誤が続く。「挑戦するのは最後の年になる」と悲壮な決意で臨む一方で、自らの状態を見極めつつ現実的な選択肢も視野に入れている。

BC栃木・若松駿太【写真:小西亮】
BC栃木・若松駿太【写真:小西亮】

NPB復帰を目指す元中日10勝投手・若松が直面する岐路「可能性は0.000何%」

 中日でかつてシーズン10勝を挙げた右腕が、NPB復帰に向けて岐路に立っている。ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスで2年目を迎えた若松駿太投手。今季は右肩痛で出遅れ、試行錯誤が続く。「挑戦するのは最後の年になる」と悲壮な決意で臨む一方で、自らの状態を見極めつつ現実的な選択肢も視野に入れている。

【写真】NPB目指し力投する若松駿太 スタンドから見守る沙苗さんの後ろ姿

 エースの姿は、まっさらなマウンドにはなかった。6月21日、埼玉武蔵ヒートベアーズとの開幕戦(栃木県営球場)。若松は6回から登板し、2イニングを3安打無失点に抑えた。「良くも悪くもですね」と、試合後に淡々と振り返る。独立リーグ1年目の昨季はチーム最多の13勝を挙げ、初優勝に導いた「シーズンMVP」の表情が、今ひとつ冴えない。

 3月に右肩痛を発症。MRI検査も受けてみたが、明確な原因は分からなかった。中日時代も10勝を挙げた2015年以降のシーズンは肩痛に悩まされた時期もあった。それでも2018年限りで戦力外になった際、NPB返り咲きを目指そうとしたのは妻・沙苗さんの言葉があったから。「肘や肩が問題ないなら、野球を辞めるのはもったいない」。そのモチベーションの原点が今、少し揺らいでいる。

 昨秋に2度目の「12球団合同トライアウト」を受験し、復帰への壁の高さをあらためて思い知った。時が経つほど、その望みが薄くなっていくのも分かっている。

「NPBに戻れる可能性は、正直0.000何%くらいだと思いますよ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」