野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

NPB復帰を目指す元阪神・歳内宏明の今 四国ILでは「断トツの成績でインパクトを」

新型コロナウイルスの影響で四国アイランドリーグplusもシーズン開幕が遅れた。そんな中、NPB復帰を目指している1人の男がいる。昨年まで阪神に在籍し今シーズンから香川オリーブガイナーズでプレーする歳内宏明投手だ。

四国IL香川・歳内宏明【写真提供:香川オリーブガイナーズ】
四国IL香川・歳内宏明【写真提供:香川オリーブガイナーズ】

昨季まで阪神に在籍した歳内は今季から四国アイランドリーグplusの香川でプレー

 新型コロナウイルスの影響で四国アイランドリーグplusもシーズン開幕が遅れた。そんな中、NPB復帰を目指している1人の男がいる。昨年まで阪神に在籍し今シーズンから香川オリーブガイナーズでプレーする歳内宏明投手だ。

【表】2位に大差をつけ阪神藤浪が1位に… ファンが選ぶ「才能が埋もれている」ランキングTOP10

 歳内は、兵庫県出身。聖光学院高から2011年、ドラフト2位で阪神に入団。主に救援投手として活躍したが右肩を痛め、2019年に戦力外に。1軍通算57試合、2勝4敗、4ホールド、防御率4.15の成績を残した右腕は12球団合同トライアウトを経て台湾プロ野球の味全でウインターリーグにも参戦し、今年1月に香川に入団。なぜ、NPBを目指すのか――。Full-Countの単独インタビューに応じた。

――香川入団までに台湾のウィンターリーグに参加していた

「台湾、味全の2軍で、日本の社会人代表やNPBのイースタン、ウエスタン・リーグ代表などと試合をしました。日本と違う環境で、プレースタイルが違う選手たちとプレーするのはいい経験でした。コーチはアメリカ人が多かったです。なかなか誰もが経験することができない経験ができたと思います」

――香川入団を決めたの理由は?

「球団側からオファーがありました。GM兼総監督に就任された松中信彦さん(元ダイエー、ソフトバンク)が声をかけてくださいました。住んでいる関西からも近いし、レベルがある程度高いイメージもあったので、ここでプレーしようと思いました」

――香川での目標は?

「NPBに復帰するしかないと考えています。そのためにプレーしています」

――阪神時代は右肩の故障に苦しんだ

「肩の故障は治るまでに1年ちょっとかかりましたが、今は100%の状態です。でも気を付けながらプレーしています」

――NPBの選手が独立リーグに移籍すると、球場や施設のギャップに驚くこともあるが

「阪神時代も地方球場でプレーしたことがありましたが、あまり大変さは感じていません」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」