野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

パで増加傾向の一流の証“3割打者” 西武森、オリ吉田正ら巧打者はどこが凄い?

「3割打てば一流」という言葉がある通り、シーズン打率3割は多くの選手にとっての一つの目標となっている。しかし、実際に規定打席に到達したうえでシーズン打率3割を達成できる選手の数は、そう多くはないのが実情である。実際、今から2年前、2017年のパ・リーグにおいて、3割打者が秋山翔吾と柳田悠岐の2名だけという希少なケースが生じたこともあった。

西武・森友哉【写真:荒川祐史】
西武・森友哉【写真:荒川祐史】

昨季パ・リーグの3割打者は6名、ソフトバンクは3割打者がいなかった

「3割打てば一流」という言葉がある通り、シーズン打率3割は多くの選手にとっての一つの目標となっている。しかし、実際に規定打席に到達したうえでシーズン打率3割を達成できる選手の数は、そう多くはないのが実情である。実際、今から2年前、2017年のパ・リーグにおいて、3割打者が秋山翔吾と柳田悠岐の2名だけという希少なケースが生じたこともあった。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 しかし、その後は2018年が5名、2019年が6名と、直近2年間におけるパ・リーグの3割打者の数が再び増加傾向にある。そして、2019年にシーズン打率3割を達成した6名の選手たちの顔ぶれを実際に見てみると、先程の「3割打てば一流」という言葉が納得できるような、実績十分の選手たちが多く顔をそろえていることがわかる。その顔ぶれと、各選手の成績は以下の通りとなっている。

2019年パ・リーグの3割到達打者【画像:パーソル パ・リーグTV】
2019年パ・リーグの3割到達打者【画像:パーソル パ・リーグTV】

 各選手の所属球団を見ていくと、西武が2名、日本ハム、楽天、ロッテ、オリックスが各1名ずつと、2019年には6球団中5球団が3割打者を輩出したことになる。唯一3割打者なしとなったソフトバンクに関しては、2014年から5年連続で打率3割を記録していた柳田の長期離脱の影響も大きいだろう。実力者が多く在籍するチームなだけに、2020年には再び3割打者を輩出してほしいところだ。

 とはいえ、一口に3割打者といっても、当然ながらその特徴はそれぞれ大きく異なってくるものだ。そこで、今回は2019年にシーズン打率3割を記録した6人の選手たちについて、データを基に分析したうえで、各選手の優れている点についての解説を行っていきたい。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」