野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「世界一コンビ」復活に現実味…BC栃木入りの川崎宗則、西岡剛に感じる「恩」

列島が歓喜した熱戦から、もう14年あまりが経つ。2006年のWBCで世界一をつかんだ侍ジャパン。二遊間を組んだのが、川崎宗則内野手と西岡剛内野手だった。現在、39歳と36歳。メジャーリーグにも挑戦し、NPBを離れた今もなお現役を続ける2人が、栃木の地で再結成を果たすかもしれない。

2006年WBC決勝で生還する川崎宗則【写真:Getty Images】
2006年WBC決勝で生還する川崎宗則【写真:Getty Images】

西岡「僕自身も火がついた」、川崎「剛が栃木で頑張っているのは嬉しいし、励みになる」

 列島が歓喜した熱戦から、もう14年あまりが経つ。2006年のWBCで世界一をつかんだ侍ジャパン。二遊間を組んだのが、川崎宗則内野手と西岡剛内野手だった。現在、39歳と36歳。メジャーリーグにも挑戦し、NPBを離れた今もなお現役を続ける2人が、栃木の地で再結成を果たすかもしれない。

【写真】「宗さんのようになりたいって思って野球をやってきました」 福田秀と川崎氏が笑顔を見せる豪華2ショットの実際の写真

 照りつける残暑の日差しの中でも「ムネリン」は健在だった。川崎は8月24日から4日間、独立リーグ・ルートインBCリーグに所属する栃木ゴールデンブレーブスの練習に参加。環境面や条件面を確認し、28日に栃木から入団が正式に発表された。3年ぶりの国内復帰となり、10月のシーズン終了まで約2か月間プレーする。

 メジャー挑戦後の17年に古巣のソフトバンクに復帰するも、18年3月に体調不良で退団。およそ1年のブランクをへて、昨季は台湾プロ野球の味全ドラゴンズでコーチ兼任としてプレーした。今季は味全側との契約が折り合わず、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって無所属になっていた。

 独自でトレーニングを続けながらも「試合に出たい」と実戦機会を渇望する中で、関係者を通じて栃木の練習参加への誘いがあった。「行きます! って感じで1.5秒で決まりました」と即決。栃木を訪れたのは初めてでも、チームの存在は知っていた。何より、昨季この地でプレーした“戦友”のことは気に留めていた。

 18年限りで阪神を戦力外となった西岡は昨季、NPB返り咲きを目指して栃木入り。チームのリーグ初優勝に貢献した。今季はまだ契約にいたっておらず、無所属状態。表舞台には出てきていないが、独自でトレーニングする姿を自身のSNSで公開している。日頃から「挑戦し続けることが好きなだけ」と言い、NPB復帰への最短ルートを模索。ただ、新型コロナの影響でプロ野球界自体が想定外の対応を迫られている中で、今季は無所属のまま終えるか、実戦機会を確保するために栃木で引き続きプレーするかという現実的な選択肢が見えてくる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」