野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

上野由岐子が6失点、昨年覇者ビッグカメラ高崎が大敗 女子ソフト波乱の幕開け

新型コロナウイルスの感染拡大を受け前半戦が中止となっていたソフトボール日本女子リーグ1部が6日、神奈川・大和スタジアムで開幕節2日目の3試合が行われた。

第2試合に先発したビックカメラ高崎・上野由岐子【写真:上野明洸】
第2試合に先発したビックカメラ高崎・上野由岐子【写真:上野明洸】

昨年1位のビックカメラが黒星スタート、エース上野は制球定まらず6失点

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け前半戦が中止となっていたソフトボール日本女子リーグ1部が6日、神奈川・大和スタジアムで開幕節2日目の3試合が行われた。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 第1試合はSGホールディングスと戸田中央総合病院の対戦。SGホールディングスのカーヤ・パーナビー投手、戸田中央総合病院のジョーダン・テーラー投手が投手戦を展開し、試合は1-1で延長タイブレークに。8回、SGホールディングスは2死二塁から4番・山科真里奈捕手の左中間への二塁打で得点。その裏を守り切り、2-1で勝利した。

 第2試合では、昨年1位のビックカメラ高崎と、昨年3位トヨタ自動車が対決する好カード。ビックカメラ高崎はエース・上野由岐子投手が先発。しかし初回から制球に苦しみ、2失点すると、2回以降も相手打線を抑え込めず4回を投げ7安打6失点で降板。途中、約1時間の雨天中断もあったが、トヨタ自動車は試合再開後も4点を加えるなど流れは止まらなかった。試合は10-1でトヨタ自動車が勝利した。

 第3試合は、日本精工と伊予銀行が対戦。初回、伊予銀行は安川裕美捕手がプロ初打席で左中間へ2ランを放ち先制。安川は6回にも本塁打を放つなど、華々しいデビューを飾った。その後も満塁のチャンスからエラーや押し出しで得点を追加し、5-3で伊予銀行が初戦をモノにした。

 今季は各チーム11試合、チーム総当たりで行われるため、1試合の成績がリーグ順位に大きく影響する。開幕節は、いきなり昨年1位のビックカメラ高崎が敗れるという波乱の幕開けとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」