BC埼玉武蔵・田澤純一が年下監督から受ける刺激 「すごいなと普通に思います」

BC埼玉武蔵・田澤純一【写真:荒川祐史】
BC埼玉武蔵・田澤純一【写真:荒川祐史】

同じ横浜出身ながら4学年下の角晃多監督「GMも兼任して…」

 田澤純一がルートインBCリーグ埼玉武蔵に入団し、試合に出場し始めて、1か月あまりが過ぎた。5日に本拠地・鴻巣フラワースタジアムで行われた栃木戦に7回から1イニングを投げ、打者3人を無失点に抑えた。これで7試合に投げて4安打4失点(自責3)。この日は「あんまり良くはなかったです」と苦笑いで首をひねったが、何はともあれ、結果は「0」に抑えた。

 慣れた米国の硬いマウンドに比べ、柔らかく滑る感覚のする日本のマウンドへの適応に少し苦戦している。加えて、相手打者が「僕に対して、だいぶ早打ちになってきている。真っ直ぐを待っているのは十分感じますし、それでも真っ直ぐで押すべきなのか……」と頭を悩ます。田澤にとって、1試合1試合がアピールの場。マウンドへの適応を除けば「ボール自体は指に掛かっている」と手応えはあるだけに、あともう一歩というところなのだろう。

 プレーオフ進出を狙うチームは、この日、サヨナラ勝利を収めるなど雰囲気がいい。田澤もチームメートと積極的にコミュニケーションを取りながら、チームの勝利を目指して戦っている。明るい雰囲気のチームの中でも、34歳右腕が最も大きな刺激を受けている人物が、監督とGMを兼任する角晃多氏だ。

 同じ横浜市出身の角監督は、東海大相模の出身で田澤より4学年年下だ。2008年ドラフトでロッテに育成選手として入団すると、2012年に支配下選手登録。だが、その2年後には戦力外となり、2015年からBC埼玉武蔵でプレーし、2018年に監督に就任した。今ではGMを兼任し、スポンサー探しや戦力集めなどに奔走。この日も東京ドームで行われた「プロ志望高校生合同練習会」に出席した後、午後3時の試合開始直前に球場へ戻ってきた。

「あの年でGMも兼任していて、スポンサー巡りから何から全部やっている」

RECOMMEND

CATEGORY