野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「確定だろ、どう考えたって」 燕OB飯田哲也&川崎憲次郎が選ぶ90年代最強捕手

リーグ優勝4度、日本一3度。1990年代のヤクルトは、まさに黄金期を迎えていた。1990年から98年までチームを率いた野村克也監督は“ID野球”を浸透させ、日本プロ野球界に新しい風を吹かせた。今年惜しまれながら逝去した野村氏の下で、不動の守護神として活躍したのが今季から指揮を執る高津臣吾監督だった。

90年代ヤクルト黄金期を支えた川崎憲次郎氏(左)と飯田哲也氏【写真:荒川祐史】
90年代ヤクルト黄金期を支えた川崎憲次郎氏(左)と飯田哲也氏【写真:荒川祐史】

ヤクルト黄金期を支えた2人が選ぶ「90年代最強ヤクルトベストナイン」捕手編

 リーグ優勝4度、日本一3度。1990年代のヤクルトは、まさに黄金期を迎えていた。1990年から98年までチームを率いた野村克也監督は“ID野球”を浸透させ、日本プロ野球界に新しい風を吹かせた。今年惜しまれながら逝去した野村氏の下で、不動の守護神として活躍したのが今季から指揮を執る高津臣吾監督だった。

 高津監督と同じく、1990年代のヤクルト黄金期を語る時に欠かせないのが、驚異の守備範囲を誇った中堅手・飯田哲也氏と、1993年には日本シリーズMVP、1998年には沢村賞に輝いた右腕・川崎憲次郎氏だ。「Full-Count」では、90年代を知り尽くす仲良しコンビが「90年代最強ヤクルトベストナイン」を選出する特別企画を実施。爆笑対談の末に、2人が選んだ最強メンバーは?

 第2弾は、捕手編をお届けする。

 ◇ ◇ ◇

飯田「古田(敦也)さんは決まってるだろ」

川崎「えっ、八重樫(幸雄)さんじゃなくて?(笑)」

飯田「いや、古田さんは確定だろ、どう考えたって。でしょ?」

川崎「飯田哲也っていうのもいましたけど」

飯田「飯田哲也って……俺が?(笑)」

川崎「僕、だって何回か公式戦で受けてもらっていますから」

飯田「バッテリー組んだことありますからね。キャッチャーやってたのを知らない人がほとんどだと思うんですけど、出てますから、キャッチャーでも試合には」

川崎「だから、キャッチャーで飯田哲也を選ぶ人がいるかもしれないですよ」

飯田「いないって! いない、いない、いない、絶対にいない!(笑) 古田さんは確定だよ、どう考えたって」

川崎「永久欠番みたい(笑)」

飯田「他にいないでしょ」

川崎「中西(親志)さん?」

飯田「秦(真司)さん?」

川崎「君波(隆祥)さん?」

飯田「古田さんで決まりだよ」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」