野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹を待つ“地獄”の7週連続移動ゲーム 終盤戦の鍵を握る工藤監督のマネジメント力

ソフトバンクは11日、本拠地PayPayドームで西武と対戦し、4-2で快勝した。先発のムーアが7回まで3安打2失点と好投。周東の適時打やデスパイネの3号ソロなどで4点を奪って、連勝を4に伸ばした。

7回を投げ2勝目を挙げたソフトバンクのマット・ムーア(右)【写真:藤浦一都】
7回を投げ2勝目を挙げたソフトバンクのマット・ムーア(右)【写真:藤浦一都】

5時間38分を戦った仙台からの移動ゲームを2時間21分で戦い終えたソフトバンク

■ソフトバンク 4-2 西武(11日・PayPayドーム)

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 ソフトバンクは11日、本拠地PayPayドームで西武と対戦し、4-2で快勝した。先発のムーアが7回まで3安打2失点と好投。周東の適時打やデスパイネの3号ソロなどで4点を奪って、連勝を4に伸ばした。

 前日10日、敵地・楽天生命パークで行われた楽天戦は2度の雨天中断があり、試合が終わったのは23時38分。そして11日は午前中に仙台から福岡へ飛んでの移動ゲームだった。選手たちの疲労を考慮して試合前練習は軽め。主力の多くはグラウンドに姿を見せずに休養した。そんな中で行われた西武戦は今季チーム最短タイの2時間21分の“省エネ”試合になった。

 試合後、工藤公康監督も「いろんな意味でナイスゲーム」と、思わず笑みが溢れる大きな1勝に。「勝てれば短くても、長くてもいいですけど、短くても負ければドッと疲れはきます。そういう中でしっかり勝てたというのが何よりも大きいと思います」と満足げに振り返っていた。

 シーズンも折り返しを過ぎて後半戦に入った。パ・リーグで開幕から行われていた同一カード6連戦は終わり、ここからは3連戦2カードによる6連戦が続いていく。特にソフトバンクにとって“鍵”になるのが、今日のような移動ゲームが続く日程だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」