野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

川崎宗則、独立Lデビューは「2番・三塁」 西岡と“一、三塁“共演、先発投手は成瀬

ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスに今月加入した元ソフトバンクの川崎宗則内野手が13日、本拠地の小山運動公園野球場での茨城アストロプラネッツ戦に「2番・三塁」でスタメン出場することが発表された。3年ぶりの国内復帰戦で、独立リーグデビューを果たす。

栃木ゴールデンブレーブスの川崎宗則(左)と西岡剛【写真:荒川祐史】
栃木ゴールデンブレーブスの川崎宗則(左)と西岡剛【写真:荒川祐史】

実戦機会求めてBC栃木入団、川崎にとっては3年ぶりの国内復帰戦

 ルートインBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスに今月加入した元ソフトバンクの川崎宗則内野手が13日、本拠地の小山運動公園野球場での茨城アストロプラネッツ戦に「2番・三塁」でスタメン出場することが発表された。3年ぶりの国内復帰戦で、独立リーグデビューを果たす。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 栃木で2年目を迎えた元阪神の西岡剛内野手は「4番・一塁」で同じくスタメンに名を連ねた。世界一に輝いた2006年のWBC、08年の北京五輪で二遊間を組んだ名コンビは「一、三塁」で復活。さらに元ヤクルトの飯原誉士外野手兼ヘッドコーチが「5番・DH」、先発は元ロッテの成瀬善久投手で、元NPB戦士の共演が実現した。

 川崎は17年に古巣のソフトバンクに復帰するも、自律神経の病気を理由に18年3月に退団。1年余りの時を経て昨季は台湾プロ野球の味全ドラゴンズでコーチ兼任としてプレーした。今季は契約が折り合わず、新型コロナウイルス感染拡大の影響で渡航できない状況もあり、無所属に。独自でトレーニングを進めていたが、実戦機会を求めて栃木に加入した。

 今月7日に栃木県小山市内で開いた入団会見では「早くプレーをして、いろんな意味で野球を楽しみたい」と意欲を語っていた。盟友・西岡と同僚になったことには「僕にとってはサプライズだし、嬉しいことだし、楽しみでならない。運命だと思う」と噛み締めていた。

 今季のBCリーグは60試合制に短縮され、シーズンは10月まで。川崎は来季以降、台湾に戻ってプレーすることを見据えている。

(小西亮 / Ryo Konishi)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」