野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

飛ばすコツは大谷翔平…1か月半で本塁打量産、北の通算35発は4年後プロへ

北海道に高校通算35発を放った右の長距離砲がいる。クラークの金原塁内野手(3年)は今夏の北海道独自大会で4試合連続アーチと覚醒。100メートル11秒80と快足も誇る大型内野手は大学に進学し4年後のプロ入りを目指す。

クラーク記念国際・金原塁【写真:石川加奈子】
クラーク記念国際・金原塁【写真:石川加奈子】

今夏の北海道独自大会で4試合連続アーチと覚醒したクラークの金原塁

 北海道に高校通算35発を放った右の長距離砲がいる。クラークの金原塁内野手(3年)は今夏の北海道独自大会で4試合連続アーチと覚醒。100メートル11秒80と快足も誇る大型内野手は大学に進学し4年後のプロ入りを目指す。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 コロナ禍に翻弄された高校最後のシーズンに大きく成長した。春休みの本州遠征が中止になり、練習試合再開も7月になってからと遅かったが、わずか1か月半の間に19本塁打を量産した。駒大岩見沢時代から強力打線を作り上げてきた佐々木啓司監督も「飛ばす能力はこれまで見てきた中で一番ある」と一目置く打者になった。

 圧巻は今夏の空知支部大会初戦から北北海道大会準々決勝までの4戦連発。準決勝の武修館戦は3連続四死球の後、遊ゴロに倒れて5戦連続を逃したものの、決勝までの6試合で17打数11安打11打点の活躍でチームを頂点に導いた。

 飛ばすコツをつかんだヒントは、エンゼルス・大谷翔平投手の動画にあった。フリー打撃で打つ時に軸足を上げる“逆一本足打法”を昨年12月から取り入れた。「前に壁をつくるためにいいなと思って。最初はバラバラでしたが、何度もやってイメージできるようになりました。体が前に突っ込まなくなり、軸で回れるようになったことが、飛距離につながったんだと思います」と金原は説明する。

 飛距離アップが打率アップにも結びついた。「去年までは強く振って飛ばしたい気持ちが強かったのですが、今年は無駄な力を入れず、一番バットの出やすい70%くらいの力で振っています。打率も良くなりました」と進化に大きな手応えを感じている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」