野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「登板1試合投手」からNo.1営業マンに 東京六大学から巣立った26歳の野球人生

神宮の杜から巣立ち、ビジネスの世界で“日本一”を目指し、奮闘する元東京六大学戦士がいる。

大学唯一のリーグ戦登板となった17年春・東大戦の庭田さん【写真:本人提供】
大学唯一のリーグ戦登板となった17年春・東大戦の庭田さん【写真:本人提供】

総合不動産グループ「オープンハウス」勤務、明大野球部OBの庭田草志さんの野球人生

 神宮の杜から巣立ち、ビジネスの世界で“日本一”を目指し、奮闘する元東京六大学戦士がいる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「今年で26歳。会社に入って3年目という若手としては、同年代で社会人をされている方と比べても、いい経験をさせてもらえていると思いますし、毎日は凄く充実しています」

 そう話したのは、総合不動産グループのオープンハウスで営業を勤める庭田草志さんだ。大学球界の名門、明大野球部のOB。最近、東京六大学野球の中継配信を手掛ける「BIG6.TV」が制作した同社のCMに出演し、神宮球場のビジョンでも放映されている。

 本業では、昨年10月から1年間は700人いる営業マンで全体1位となる営業成績を記録。名古屋を拠点に4000~6000万円の物件を担当し、1か月を切った時点で75棟を販売し、すでに年間の歴代最多数を更新している。

 そんな敏腕営業マンを形作った原点は、野球にある。

 白球を握ったのは6歳の時。野球をやっていた父の影響でキャッチボールを始め、小1から同級生に誘われて地元の少年野球チームに入った。「ボールがよく投げられるから」という理由で任されていたのは投手。しかし、小中で全国大会に出場した経験はなく、高校も地元の県立校・松戸国際(千葉)に進んだ。甲子園出場はなく、全国的には無名。ただ、チームの目標は一つ。

「県立校から甲子園へ」――。

 入学する3年前から県内では名の通った石井忠道さんが監督に就任し、チームを強化。庭田さん自身も石井監督の存在で「本気で甲子園を目指したい」と思った。入学時は169センチ、49キロと同級生と比べても華奢な体で、最速は「110キロ出るか、出ないか」くらい。2年夏までベンチ入りしたこともなかったが、「負けず嫌い」という思いは人一倍だった。

 体を大きくするためのウエイトトレーニングに食事トレーニング。やっていること自体は高校生なら誰でもやるようなこと。しかし、庭田さんは「寡黙に、愚直にやり続けること」を貫いた。毎日、白米3合のタッパーを2つ持参し、計6合を1日かけて食べた。走り込みを重視する指導方針で毎週100メートル×100本のランニングもあるが、歯を食いしばった。

「一番は負けたくないという思い。とにかく、自分に負けたくなかった」

 朝早くから夜遅くまで練習し、負担をかけた両親に恩返ししたいという思いを持ちながら、ぐんぐん成長。ひょろひょろだった体は3年間で174センチ、75キロに。周りからは「人が変わった」と言われた。体格だけじゃない。球速は140キロを超え、3年春にはエースに抜擢された。その県大会で準優勝。ただ、夏は4強で木更津総合に敗れ、目標だった甲子園出場は逃した。

「やり切った……と言いたかったけど、心残りがあるというか。完全燃焼はできなかったです」

 それでも、複数の大学から推薦のオファーがあった。それは3年間、人一倍の努力が認められた証しでもある。大学野球に存分に没頭できる環境。しかし、だ。翌年、庭田さんが対峙していたのは打者ではなく、勉強机。

 浪人生になっていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」