野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園も代表経験も「全部リセット」 ドラフト候補、東北福祉大・元山が求めた思考

夏の甲子園には1年夏から出場するなど2度、聖地に足を踏み入れた。東北福祉大では1年春から遊撃のレギュラーを獲得。2年では大学日本一、3年時には侍ジャパンも経験。そして、今年。東北福祉大の元山飛優内野手(4年・佐久長聖)はドラフト候補に名を連ねる。ようやく、新しい自分を見せる舞台がやってきた。

東北工大戦に出場した東北福祉大学・元山飛優【写真:高橋昌江】
東北工大戦に出場した東北福祉大学・元山飛優【写真:高橋昌江】

4安打でアピール「見られてプレーは選手の喜び」

 夏の甲子園には1年夏から出場するなど2度、聖地に足を踏み入れた。東北福祉大では1年春から遊撃のレギュラーを獲得。2年では大学日本一、3年時には侍ジャパンも経験。そして、今年。東北福祉大の元山飛優内野手(4年・佐久長聖)はドラフト候補に名を連ねる。ようやく、新しい自分を見せる舞台がやってきた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 仙台六大学の秋季リーグ戦が19日、開幕。4連覇中の東北福祉大は昨秋4位の東北工大に12-3の7回コールド勝ち。元山は4安打2打点2盗塁で、視察した10球団のスカウトにアピールした。

 新型コロナウイルスの影響で春季リーグ戦が中止になり、2季ぶりのリーグ戦が開幕。主将として、開会式で選手宣誓をした直後の開幕戦で元山が快音を響かせた。「3番・遊撃」で出場。2死無走者で立った第1打席で左安を放つと、2回には2死三塁で右翼線に適時二塁打。4回には中安、5回には中前適時打と左打席から安打を重ねた。

 中学時代に所属した生駒ボーイズでベースができたという守備力は高い評価を得ているが、打撃は「自分の感覚ではない感じ。納得いくヒットは少ない」と試行錯誤を繰り返してきた。「バッティングはよくタイミングが大事と言われますが、自分の中ではバランスが大事」と、投手のモーションに合わせて右足を上げた時のバランス感覚を大切にする。佐久長聖時代には甲子園出場。2年春のリーグ戦で首位打者を獲得。2年春、3年春と打点王にも輝き、侍ジャパン大学代表も経験しているが、この冬、「全部、リセットした」。細かなことをあれこれ考えすぎず、シンプルなスイングを心掛け、春には手応えをつかんだ。しかし、新型コロナにより、披露する場は失われた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」