野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最速152キロ右腕・セガサミー森井に12球団熱視線 西武渡辺GM「ボールが重たそう」

今秋のドラフト候補・セガサミーの森井絃斗(げんと)投手が23日、都市対抗野球東京都二次予選の初戦に先発した。JR東打線を相手に、6回まで5安打4四死球と毎回のように走者を背負いながらも、要所で併殺を奪い無失点で降板した。チームは8回に一挙8点を奪われ逆転負け。黒星スタートとなった。

JR東日本戦に先発したセガサミー・森井絃斗(げんと)【写真:安藤かなみ】
JR東日本戦に先発したセガサミー・森井絃斗(げんと)【写真:安藤かなみ】

6回4安打無失点の力投「良くないなりにゼロで抑えることができた」

 今秋のドラフト候補・セガサミーの森井絃斗(げんと)投手が23日、都市対抗野球東京都二次予選の初戦に先発した。JR東打線を相手に、6回まで5安打4四死球と毎回のように走者を背負いながらも、要所で併殺を奪い無失点で降板した。チームは8回に一挙8点を奪われ逆転負け。黒星スタートとなった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 最速152キロ右腕の力投に、12球団のスカウトがスタンドから熱視線を送った。森井は初回に先頭を二安打で出塁させたが、続く近森を投ゴロ併殺に打ち取りピンチを脱出。その後も走者を背負いながら、力のある直球と多彩な変化球を要所で低めに集めた。中でも冴えわたっていたのが打者の手元で鋭く曲がるカットボール。打たせて取るピッチングで6回まで4併殺を奪い、無失点で降板した。

 板野高校(徳島)から入社し3年目を迎える森井は今年がドラフト解禁イヤー。それでも「予選が一番のアピールになる。抑えてチームが勝てば、自然と注目される」とまずはチームのためにその腕を振るう。試合中、雨が強くなって足元がぬかるむ中でも歩幅を調整し踏ん張り「良くないなりにゼロで抑えることができた」と胸を張る。

 この日、視察に訪れた西武の渡辺久信ゼネラルマネージャーも森井の高いゲームメイク能力に頷いた。「いい当たりでもフェンス手前で減速したり、併殺になったりする。ボールが重たそうだった。左へのカットボールがうまく使えれば」と森井の馬力を評価。「高卒3年目で、まだまだ伸びしろもある」と今後の成長にも期待を寄せていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」