野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

甲子園から首都大学リーグへ…「1番で初打席初安打」の2人をつなぐ不思議な縁

手にするバットが金属から木製に変わった。慣れ親しんだ故郷を離れ、もう1つ高いレベルの世界に飛び込んだ。昨年、甲子園で注目を集めた2人の1番打者が首都大学リーグでデビューした。それも名門の1番打者として、いきなり快音を響かせたのだった。

東海大・東海林航介【写真:編集部】
東海大・東海林航介【写真:編集部】

東海大・東海林航介外野手と日体大・松浦佑星内野手が大学デビュー

 手にするバットが金属から木製に変わった。慣れ親しんだ故郷を離れ、もう1つ高いレベルの世界に飛び込んだ。昨年、甲子園で注目を集めた2人の1番打者が首都大学リーグでデビューした。それも名門の1番打者として、いきなり快音を響かせたのだった。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 東海林航介は昨年、奥川恭伸投手(ヤクルト)の背中をずっとセンターで見続けていた。リードオフマンとして、夏の甲子園準優勝に貢献した。春のオープン戦から大きな期待をかけられ、1番を任された。新型コロナウイルスの感染拡大でチームは活動休止。リーグ戦も中止になった。故郷・石川に帰省し、母校で練習をする日もあった。

 迎えた初戦の桜美林大との開幕戦(19日・大田スタジアム)。相手先発はプロ志望届を提出した松葉行人投手だった。普段から明るく、堂々としたプレーが持ち味。物怖じとは無縁のようなスタイルの東海林だったが「ものすごく緊張しました。ふわふわしている感じでした」。初回先頭の打席、ボール球の変化球に手を出してしまい、追い込まれたが、最後はしっかりとボールを見極めて、右前安打を放った。大学初打席で記念すべき安打となった。

 その後、先制のホームを踏んだ東海林は2回の第2打席では四球を選び、二盗をマーク。続く2番・小松勇輝(東海大相模)の右翼への二塁打で3点目のホームを踏んだ。入学直後からオープン戦で1番起用していた東海大・安藤強監督は「公式戦の中でしっかりと乗っていって欲しいですし、ゆくゆくはスター選手になってほしいですね」と期待。精悍なマスクに、走攻守揃ったプレー。指揮官が描くスター性は十分にある。

 名門・東海大で1番打者を任される黄金ルーキー。でも、置かれている自分自身の状況を冷静に受け止めている。東海林は「僕は実力がまだなありません。一歩ずつ、大学で成長していきたいと思います」。高校時代もそうだった。中学時代は他を寄せ付けないほどの実力を持っていたが、奥川や山瀬慎之助(巨人)ら高校卒業後、プロに進んだ同級生を見て、自分の実力不足を痛感。大学に進み、今から3年後のドラフト指名を夢見ている。

「秋のリーグ戦でしっかりとチームが勝つことが目標です」と献身的な言葉を聞いた後、個人としての思いも聞いてみた。

「慣れてきて、2年生になったらタイトルを1個、取りたいですね。最多安打とか取りたいです。3年生になったら、4年生にも負けないというか、信頼してもらえるような圧倒的な力を付けたいです。4年生になったら、次の世代を考えないといけないので、自分だけでなく、周りを見て、自分にも“気付き”が得られるような人間になっていきたいなと思います」

 しっかりとビジョンを描いていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」