野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元中日チェンがロッテVのラストピースに 実績豊富な左腕加入で期待される波及効果は?

9月21日、ロッテはチェン・ウェイン投手の入団が決定したと発表した。チェンはNPBでは中日で、MLBではオリオールズでそれぞれ先発陣の柱として活躍し、リーグ優勝や地区優勝にも大きく貢献した経験を持つ。優勝争いを繰り広げるロッテにとっても大きな期待のかかる実績十分の新戦力だが、その存在感は、なにもグラウンド内のみにとどまらないものかもしれない。

ロッテに加入したチェン・ウェイン【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテに加入したチェン・ウェイン【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

日米の両球界で豊富な実績を誇る元中日・チェンがロッテに電撃入団

 9月21日、ロッテはチェン・ウェイン投手の入団が決定したと発表した。チェンはNPBでは中日で、MLBではオリオールズでそれぞれ先発陣の柱として活躍し、リーグ優勝や地区優勝にも大きく貢献した経験を持つ。優勝争いを繰り広げるロッテにとっても大きな期待のかかる実績十分の新戦力だが、その存在感は、なにもグラウンド内のみにとどまらないものかもしれない。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 マリーンズファンの中には、「チェン投手」といえばまず、球団在籍6年目を迎えるチェン・グァンユウ投手の顔が思い浮かぶ方も少なくないことだろう。同じく台湾出身である左腕に対してのみならず、チーム全体にとってもインパクトをもたらしうる今回の補強。ここではチェンのこれまでの経歴を詳細に振り返っていくとともに、今後期待される波及効果についても触れていきたい。

 まずは、チェンがNPBで残してきた年度別の成績について見ていこう。

チェン・ウェインの日本での年度別成績【表:パ・リーグ インサイト】
チェン・ウェインの日本での年度別成績【表:パ・リーグ インサイト】

 2004年に19歳で中日に入団したチェン投手は、入団2年目の2005年に早くも1軍デビューを果たす。このシーズンには10試合に登板してプロ初セーブも記録したが、2006年に故障の影響で手術を経験。2007年にはリハビリのため育成契約へと移行し、2シーズンにわたって1軍登板から遠ざかる苦難の日々を過ごした。

 しかし、怪我の癒えた2008年に支配下復帰を果たすと、その後は1軍の舞台で持てる才能を発揮していく。このシーズンは先発と中継ぎを兼任しながら安定感のある投球を見せ、貴重な左腕としてフル稼働。故障を乗り越え、23歳の若さで1軍定着を果たすと、先発に固定された翌2009年にはまさに安定感抜群の投球を披露。リーグ2位の防御率2.00を記録した同僚の吉見一起投手に大差をつけ、自身初タイトルとなる最優秀防御率に輝いた。

 2010年も左のエースとして自身初の2桁勝利を記録し、防御率もリーグ2位と前年に引き続いて安定した投球を見せた。統一球が導入された2011年には2桁勝利こそ逃したものの、3年連続で防御率2点台以上と、ボールが変わってもその安定感は健在だった。2010年から続いたチームのリーグ連覇にも主戦投手として貢献し、投手王国の一員として大きな存在感を放った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」