野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

二刀流に興味持ったスカウトも…ドラ1候補右腕・伊藤大海“大学5年間”の成長

11月20日から神宮球場で開催予定だった第51回明治神宮野球大会の中止が決まった。今月26日のドラフト会議で1位候補に挙がる苫小牧駒大の伊藤大海投手(4年、駒大苫小牧)にとっては、12日に苫小牧とましんスタジアムで行われる北海道地区王座決定戦が大学最後の舞台になる。

苫小牧駒大・伊藤大海【写真:石川加奈子】
苫小牧駒大・伊藤大海【写真:石川加奈子】

神宮大会は中止…12日の北海道地区王座決定戦が大学最後の舞台に

 11月20日から神宮球場で開催予定だった第51回明治神宮野球大会の中止が決まった。今月26日のドラフト会議で1位候補に挙がる苫小牧駒大の伊藤大海投手(4年、駒大苫小牧)にとっては、12日に苫小牧とましんスタジアムで行われる北海道地区王座決定戦が大学最後の舞台になる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 本来なら、札幌六大学秋季リーグを制した星槎道都大と明治神宮野球大会の代表切符をかけて行われるはずだった。「決定戦で北海道六大学のレベルが高いことを証明したいです。そして全国でも」と意気込んでいたが、大学最後の年に神宮のマウンドに上がることは叶わなかった。

 今秋の北海道六大学秋季リーグでは、最速156キロを誇る直球と精度の高い多彩な変化球を操り、チームを4季ぶり3度目のリーグ優勝に導いた。プレーオフを含め6試合に登板。38回1/3を投げて、許した安打は25本、奪った三振は53個、与えた四死球は9個、失点は3(自責点2)と文句ない成績でMVPに輝いた。元たくぎん監督で1998年から指揮を執る大滝敏之監督は「一つ一つのボールが良いし、制球力もある。体も強いし、気持ちも強い」と絶対的な信頼を口にする。

“5年間の集大成”を見せるはずだった。駒大苫小牧時代に甲子園を経験して駒大に進学したが、1年秋に退学した。「4年後にプロになりたいと思って入りましたが、その姿を描けませんでした。有名な高校から大学に進んで、このままでは殻を破れないと思ったんです。何もないところで自分で一からつくり上げていく方が、野球人として魅力があると思いました」。翌2017年春に苫小牧駒大に入学。規定により1年間リーグ戦に出場できない間に肉体を改造し、フォームを見直し、様々な変化球に取り組んだ。

 今では10種類もの変化球を投げ分ける。「ナックル以外は何でも投げられます。主に使うのはスライダー、カットボール、カーブ、スプリットです」と伊藤は語る。スライダーとチェンジアップは2種類ずつあり、ナックルカーブ、ツーシーム、フォークも操る。その中からベストの球を選択して打者を牛耳っていく。「もちろん相手の資料に目を通すのは第一歩ですが、僕の感覚でしか投げられないカーブであり、スライダー。傾向を踏まえて決めるのは初球だけで、あとはバッターと対戦した時の感覚で決めます。そういった感じる力は自分の強みであるかもしれないですね」と笑う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」