野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

なぜ川崎宗則は“100人中100人”に愛される? 本人が語る“自己愛と助け合い”

その空間がパッと華やぎ、活気に満ちる。試合でも練習でも、グラウンドには最年長39歳の声ばかりが響いている。元ソフトバンクの川崎宗則内野手が、独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに加入して1か月余りがたった。チームに溶け込むどころか、すでに輪の中心にいる姿は、元気印「ムネリン」たるゆえんを存分に感じさせる。

BC栃木・川崎宗則【写真:荒川祐史】
BC栃木・川崎宗則【写真:荒川祐史】

2006年WBCで二遊間を組んだ西岡剛が「ひまわり」に例える川崎の存在

 その空間がパッと華やぎ、活気に満ちる。試合でも練習でも、グラウンドには最年長39歳の声ばかりが響いている。元ソフトバンクの川崎宗則内野手が、独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに加入して1か月余りがたった。チームに溶け込むどころか、すでに輪の中心にいる姿は、元気印「ムネリン」たるゆえんを存分に感じさせる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 出会い頭の一振りで、栃木のファンを虜にした。9月13日の独立リーグデビュー戦。初打席に立ち、初球に来た直球を右翼越えの特大弾に変えた。スタンドのどよめきはしばらく収まらず、次第に割れんばかりの拍手へと変わった。決勝点となる1号アーチでその試合のMVPにも選出。ヒーローインタビューで「川崎宗則と申します!」と丁寧に挨拶し、深々と一礼する姿勢にまた拍手が沸き起こった。

 今季当初は無所属だった川崎は、実戦機会を求めて栃木に加入。チームの若手の中には、NPB入りへのアピール機会が減る危機感を抱く声もあった。だが、それも一振りで変わった。「10か月も実戦から遠ざかっていて、いきなり初球を……。すごいとしか言いようがないし、やっぱりスターだなと」。ある若手がそう言うように、選手たちはすっかり目を輝かせていた。

 周囲を魅了するのは、プレーだけではない。快活な人柄に接してきた球界の後輩たちはよく「ムネさんのおかげで」「ムネさんがいたから」と言う。ともにプレーする夢を栃木でかなえた元阪神の西岡剛内野手も、そのひとり。世界一に輝いた2006年のWBCで二遊間を組んだ盟友はかつて、川崎の魅力を「ひまわり」に例えてこう言った。

「ムネさんがチームの輪に入った瞬間、周囲にパッと光が当たって明るくなる。まるで、そこにひまわりが咲いたかのように。日本でも、アメリカでも、どこに行っても変わらない。100人いたら、100人全員から好かれるのがムネさんなんですよね」

 15年以上の付き合いを重ねて、さらにその実感は増している。西岡自身も、何度も助けられてきた。チーム最年少だったWBCでは「剛はそのままで行きなさい」と言ってもらい、臆することなくプレーができた。2018年限りで阪神を戦力外になった後も、川崎が台湾でプレーする姿に「自分の中で火がついた」。NPB復帰をとことん目指す原動力のひとつになったと感謝する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」