野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

早大の「2メートル左腕」が生かす“長身”のメリット「見たことない角度から球が…」

東京六大学秋季リーグ戦は12日、早大の2メートル左腕・今西拓弥(4年)が東大戦で1年ぶりに先発。プロ志望届を提出している超大型投手は3回無失点に抑え、スカウト陣にアピールした。

早大の2メートル左腕・今西拓弥投手(写真・編集部)
早大の2メートル左腕・今西拓弥投手(写真・編集部)

ドラフト候補・今西が東大戦で3回0封、スカウト陣にアピール

 東京六大学秋季リーグ戦は12日、早大の2メートル左腕・今西拓弥(4年)が東大戦で1年ぶりに先発。プロ志望届を提出している超大型投手は3回無失点に抑え、スカウト陣にアピールした。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 まっさらな神宮に背番号14がそびえ立った。今西は直球は最速140キロながら、大きく縦に割れるカーブを駆使。緩急でリズムを作り、食らいつく東大打線を翻弄した。0-0の3回に代打を送られ、3イニングでお役御免となった。

「点を早めに取らなければいけないという思いでいた。打席が回ってきたら代打を送り、小刻みに(継投)という状況だった。本当はもっと長いイニングを投げさせてあげたかったけど」と小宮山悟監督。勝ち星こそつかなかったものの、1安打無失点。5投手の継投で勝利に貢献した。

 左肘痛の影響で8月に行われた春のリーグ戦は登板なし。救援で今季初登板となった4日の法大戦は2失点だった。1年ぶりとなった先発登板を終え、今西は「前回はチームに迷惑をかけたので、今日は自分が立ち上がりに抑えてチームに勢いを与えたかった」と振り返った。

 なんといっても目を引くのが、2メートルの身長。しかも左腕だ。そのメリットを本人も自覚している。

「自分の軸となるボールの一つがカーブ。シートバッティングで投げる時もチームメートに『見たことない角度から来る』と言われるくらいなので、カーブを大切にしている。大きいというだけで打者の目線も上がってくるので、そういうところをどんどん利用していきたい。スリークォーターなので、縦の角度も意識しながら、横の角度も右打者に対してのインコースも精度を上げていきたいと思っている」

 すでにプロ志望届を提出。もし、指名されればプロ野球史上最高身長の日本人になる。本人は「(ドラフトについては)正直、考えていなかった。夏に投げられずに悔しい思いをしていた時も声をかけてくれたチームメートのために投げようと思っていた」と明かした。

 指導する小宮山監督も「欲を言えば、球の速さが出てくればと思うけど、肘がどうにもならない状態から戻ってきたので。1週空いて立大戦で強い球を投げられるようになっているでしょうから、チームのために頑張ってもらおうと思っている」と期待した。

(神原英彰 / Hideaki Kanbara)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」