野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元鷹から京大助監督に 近田怜王氏が語る指導者の現実「もう根性だけの時代じゃない」

京大は19日、秋季リーグ最終戦となった関学戦を0-2で敗れ全日程を終了した。通算成績は1勝9敗で最下位が決定。2017年からコーチを務め、今リーグからは助監督としてベンチにも入った元ソフトバンクの近田怜王氏は「練習ができない状況の中だったが言い訳はできない。選手が一番悔しいと思っている」と今リーグを振り返った。

京大野球部助監督の近田怜王氏【写真:橋本健吾】
京大野球部助監督の近田怜王氏【写真:橋本健吾】

助監督してベンチ入りした秋リーグは1勝9敗で最下位「選手たちが一番悔しい」

 京大は19日、秋季リーグ最終戦となった関学戦を0-2で敗れ全日程を終了した。通算成績は1勝9敗で最下位が決定。2017年からコーチを務め、今リーグからは助監督としてベンチにも入った元ソフトバンクの近田怜王氏は「練習ができない状況の中だったが言い訳はできない。選手が一番悔しいと思っている」と今リーグを振り返った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 昨年は秋5勝を挙げ1982年のリーグ発足以来、最高のリーグ4位となった。年間でも春2勝を含め計7勝を挙げ京大史上最多の勝利をマーク。だが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もありチームは7月下旬から約1か月間、活動できない状況になるなど満足いく練習ができないまま秋のリーグ戦を迎えた。

「やっぱり一つ勝つのは簡単なことじゃない、難しいですね。京大はどちらかというと春を経験して秋に勝負するというチーム。今年は春がなかった分“未完成”のまま秋を迎えた感じでした。でも、それは他も同じで言い訳はできない。選手たちが一番悔しいと思っているはずです」

 近田氏がこの4年間で選手たちに求めてきたのは技術は勿論だが、一番は「1人の人間としてどう成長していけるか」だった。報徳学園時代はエースとして甲子園を沸かせ、2009年のドラフトでは3位指名を受けソフトバンクに入団。トップレベルで野球を続けてきただけに、秀才たちが集まるチームに就任当初は戸惑いもあったという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」